夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【頑張った後】
【夫婦喧嘩のルール】
【問題を見ない】
【男女の違い】
【自分を信じられる】

最も人気の高い記事

【頑張った後】
【夫婦喧嘩のルール】
【問題を見ない】
【男女の違い】
【自分を信じられる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【頑張った後】

パシュート女子の試合を見ていたら泣けてきました。
頑張り屋だなぁ、と。
すごいなぁ、と。
かっこいいなぁ、と。
全力を出して頑張っている姿って
それだけで感動を与えてくれるものですねぇ。
素晴らしい姿を見させてもらってありがとう!
 
頑張っている人はほんとに素敵なんですよね。
苦しいときも含めて。
 
相談者のお話を聞いていると
みんなそれぞれに苦しいんだけれど、
その苦しいことに向き合っている。
 
ほんとにもがき苦しみっていう感じです。
よくわかります。
 
だけど、一生懸命な姿。
 
目の前の問題に対して
ちゃんと向き合っている姿。
 
問題の中でどっぷり悩んで、
どっぷり苦しんでいるけれど、
答えをつかもうとする姿が
生きていくってことを教えてくれます。
 
だから頑張れ、頑張れ、と応援します。
 
アドバイスしかできないけれど、
だけど頑張ってほしいと思う。
 
この苦境を乗り切って行ってほしいと思う。
 
ほんとに。
 
応援しているよ。
 
元気になって、
笑う姿を見たいから。
 
そんな気持ちです。
 
泣いてる日ばかりなわけがないから。
 
そんなときもあるかもしれないけれど、
必ず晴れる日もあるからねぇ。
と思っています。
 
でもだいたい泣いているときに出会うのだけれど、
元気になっていくのを知っているので、
それがとても楽しみ。
 
頑張った姿はほんとに素敵なんだもの。

【夫婦喧嘩のルール】

夫婦喧嘩になるのはしたかないとしても
夫婦喧嘩をやりっぱなしにしているのは
問題を先送りにしているようなもので、
喧嘩をしたら一応、
ちゃんと結末まで面倒を見るようにしてはと思います。
 
やりっぱなしで
どちらかが謝っているばかりだと
その時はよくても後で必ず問題になります。
 
喧嘩が多いから、
とりあえず丸くおさめておくために謝ってきた
という人、とても多いです。
 
だけど納得しているわけではないだけに
どこか自分も無理があるんだと思います。
 
たまりにたまって後で大爆発することになったりします。
 
そりゃあ一方的に謝り続けたらそうなります。
 
だから喧嘩したとしても
どこか着地点を見つけていくようにしてほしい。
 
そして、お互いに必ず
言い過ぎたり、やり過ぎたりするものなので、
そこをちゃんと認めて、
その点も誤解のないようにしておきたいです。
 
喧嘩のときに言った言葉というのは
けっこう後々までも後を引いたりするものです。
ときには決定打になることもあるので、
注意です。
 
夫婦喧嘩はしてもいいけど、
やりっぱなしにしない。
というルールだけ思っていてください。

【問題を見ない】

苦境に立ったり
苦しいときって
そのことから目を反らしたくなるのですが、
結局目を反らしていられるのは一時的なことで、
最終的には後送りしただけになるかなぁと。
 
何度も浮気されても
何度もやり過ごしている方っているんですが、
結局、後々、もっとひどい事態になっている感じがします。
 
どんどん事態は悪化というのでしょうかね。
だって本来は成立しないので、
浮気があったり不貞している人と夫婦って。
 
だけど、なんとなくその問題を避けて通っていると
結局のところ表ざたになるというのでしょうか。
もっともっとひどい状態になるという傾向が
顕著な気がします。
 
だから問題があれば、
その問題に対してちゃんと向き合って
自分の答えを見つけるってことが大事なんだと思います。
 
何か別のことに置き換えて、
しばし、そのことを見ない忘れたとしても
なくなるわけではないわけで。
以前として、問題は横たわっています。
たとえ自分の意図したことでもなくても。
そういうものでしょう。
 
ときに自分が思ってもいないことってあるわけで。
起きるわけで。
そのことを直視しないで、
見ないようにしているのはしばしは
それでいいのかもしれません。
ですが、必ずもっと大きな問題となって
姿を現すものだと思います。
 
だから、問題があることに気づいたら、
きちんとどう対処して自分はどうするのか、
ということを自分のために
考えてみた方がいいんだと思います。
体裁とか見栄とか
そうしたことにとらわれているともっと痛い思いを
するのかなぁ。
それも取り返しがつかない形で。
 
だって問題があるのですもの。
なかったことになんてできるわけがないではないですか。
ごまかして自分をだまして
なんて無理なんです。

【男女の違い】

夫婦って他人というのももちろんありますし、
同じくらい男と女の違いっていうのがあって、
ここはとても大きい違いです。
 
男と女というのは
やっぱり違う部分がどうしたってあるので、
女にしてみたら「?」なこともあるし
男にしてみたら「?」なことも
たくさんあります。
 
どちらかというと
男性の方がその違いがあるということを意識している
ことが多いように感じます。
認識しているといいましょうか。
 
女性の方が男女の違いに気づきにくい
ような気がします。
 
結婚するときに
価値観が同じとか、
考え方が合うとか、
まあ同調できることが多くて、
そこが魅力で結婚するようなところがあるので、
気づきにくいのかもしれないですね。
 
違いがあるのだ、ということに。
 
でもやっぱりあります。
男と女には違いが。
理解できないくらいの違いが。
そういう違いがあるものだ、ということが
わかっているのとわかっていないのでは
だいぶ思いも変わるかもしれないです。
 
よく女性 から「うちの夫は共感性がない」と
いうようなことを聞きます。
 
もともと男女で言うと
女性の方が共感性は高いのだと思います。
男性はどうしても鈍いのでその点は。、
だから「うちの夫」に
限ったことではいなのかもしれないです。
 
だけど個人になるとそう見えてしまうのでしょう。
 
だけどむしろ、それは男女の違いなのだと思います。
 
もともと持っている特性が違う。
違うところがあるものなんですね。
 
その違いがわかると謎が解けたり、
お互いに許せたりするものではないでしょうか。
その違いがないもの・・・・と思っていると
う~ん、けっこう「?」ばっかりなり
とくに問題が起きたら「?」だらけだし、
だから違いがある。
どんなところが違うのかってことを知っていると
夫婦は少しは付き合いやすくなるかと思います。
 

【自分を信じられる】

羽生選手の演技・・・何度見ても美しくて、
見とれてしまいます。
すごいですねぇ・・・。
支えてくれた人がいたから・・・・
という言葉にも、ほんとうに応援してくれる人をはじめ、
実際に多くの人の支えがあって、
それにこたえようという気持ちが
あんな強い羽生選手を生んだのでしょうねぇ。
自分ひとりだったら、
ほんとに不安だらけかもしれないし、
背中を押してくれるのは
やっぱりそういう支えになってくれる人たちが
いるかいないか・・・・。
なんだとびきり素敵なものを見せてもらいました。
 
まさにレジリエンスの高い人のお手本のようです。
 
弾力性があって回復力、復元していく力のことですが、
まさに羽生選手を見ていると
その力を体現してくれているようで。
 
困難があったとしても
心が折れそうなことがあっても
柔軟性がある人は折れそうでも折れない。
低いとただただそこに留まるか
心が折れてしまいます。
 
弾力性があると
回復していかれるし、
もしかしたら回復したときに
それまでよりももっと強さを得ているのかもしれないです。
 
自分を大切にできて、
支えてくれる人がいて、
感情に流されない。
そんな人はきっと回復していく力のある人です。
 
それとね、きっとどんなときでも
きっとできる、と自分を信じられる人でしょうか。
苦境を乗り切るってそういうことなのかな
と思うんですよね。
 
自分をちゃんと信じてあげられる。
だれにも依存しないで、
自分の力を引き出せる。
結果的には、ということですけれど。
 
でもそれってひとつひとつなんだと思います。
ひとつ自信をもって、
またひとつ自信を得て、
そんなふうに自分の力を得ていくんだろうなって。
そうしたらきっと乗り越えられないことは
ないんだろうと思います。
ちゃんと着地する。
自分らしい場所にちゃんと着地できます、きっと。