夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【変われない人】

変わりたいと思っているけれど
変われない・・・というのは
誰しも感じたことがあるはずです。
変わるのって難しいですからね。
 
だけど変わりたいと思っていて
だけど変われいない人。
そんな人は共通して頭で考えています。
行動が何も変わっていない。
 
そりゃあ変わらないわ。
結果。
変わっていないとイコール。
だから変われないっていう、
変な、妙な堂々巡りです。
 
それと、変わらない人は
現実を現実として受け止めていないというか、
危機があっても危機として見ていないし、
現実に起きていることでも
そうじゃないはず、と勝手に解釈していたり。
 
いやいや、現実はひとつでしょう、
と思うのですが、
どうやらそうではないようです。
 
何が起きているのか。
それをまず正確に把握することかなと思います。
正確になるべく、ですが、
把握したら
次にどうしたらよいか、というのは
わかってくるはずです。
 
変わりたいけど
変わるのが大変なのは誰でも同じです。
そんなに簡単じゃない。
 
だけどはっきり変わっていかれる人と
堂々巡っている人がいるのは確かです。
 
何が違うのか?
 
自省できるかできないか
の違いじゃないかと思います。
 
それがない人はずっと変わってはいきません。
 
誰かのせいにしている限りは
何も変わらないし、
変わり様もないですから。
変われるわけがありません。
 
 
 

【わかってくれない】

お休みの方やお休みのお店も多いので、
なんだかやたらと町は静かですよ~。
 
夫婦は生活をいっしょにしている関係なので、
非常に細かいことまでかかわっています。
影響もし合っています。
 
たとえばイライラしていて、
「なんだか今日はイライラしていんるんだ」
と言えばいいものを
態度だけでイライラを表現して、
言葉では「別に」といったような
言葉と行動が一致していないことがあります。
 
これだと自分が発するメッセージはまったく伝わらず、
表現することはできていません。
 
イライラが態度に出ているのであれば
「なんだかイライラしている」でもいいですし、
「こういうことがあってイライラしている」と
説明するのでもいいです。
言葉も一致させた方が受け手に
言いたいことが明確に伝わります。
 
態度がイライラしていれば、
いっしょに暮らす者としては、
推察します。
何があったのだろうか。
 
もしくは勝手に期待をします。
どうしてほしいのだろうと探って。
こうして欲しいのだろうか、と。
だけど推察はときどきはずれます。
 
推察がはずれれば
よけいイライラします。
 
思っていることと
言葉は一致しているに限ります。
 
一致していると言いたいことも
自分の希望していることも
より伝わりやすいので、
結果、コミュニケーションがうまくいきます。
 
つまり、自分に素直になるということなんですけれど。
言葉も態度も。
 
素直でない表現方法は
相手を混乱させて
余計なトラブルを招くだけですし、
自分のいいたこと、思っていることも
伝わらないことが多いです。
 
ちゃんと表現することは
大事なことだと思っています。
伝えたいこと
わかってほしいことがあれば
ちゃんと表現せずして、
わかってくれない、と言っても
わかりようもないのですから。
 

【夫婦像、妻増、夫像】

夜になるとシトシトシトシト雨が降ります。
変な夏です。
 
妻像とか、夫像というのは、
自分が描いているだけで、
目の前の相手がそれを望んでいるかどうか、
というのは、聞いてなんていないし、
もしかしたら知ってもいない――。
 
そんなところから夫婦がズレていくことが
けっこうあります。
 
自分の中にある「像」と
相手が求めている「像」が
違っていいるということ。
その違いに気づいたら早めに修正できるのであれば、
しておけばそうは大きな問題にはなりません。
気づけばいいんですが、
気づかないままに進んでしまうと問題に・・・。
 
意外と自分勝手に
妻だから・・・
夫だから・・・と
突き進むのですが、
相手はまったく望んでもいなかった!?
ということがあるんですね。
とても残念ですが。
 
社会的に見ても
とてもよい妻だったり
よい夫だったとしても
当の本人が望んでいなければ
残念ながら何も意味がないことになってしまいます。
 
夫婦像そのものが違うものを見ている・・・。
 
ほんとに、こんなにいい奥さんなのに
いい夫なのに
何が不満なのだろう・・・・
つくづく夫婦というのは難解だ、と思います。
 
だけど、しかたないです。
夫婦というのは相手とカップルなわけですから、
いくら世間的にいい妻やいい夫になろうとも
カップルの一方が望んでいなければ、
うまくはいきません。
 
何を望んでいるのか、
ということを夫婦をやっていくだけではなくて、
相手を見て考えてみてください。
 
だけど、一方、その望みが「えっー! 」というような場合、
それでいいのか?
といった問題もあります。
 
あまりにもその望みが自分勝手なものであったり
自己中的なものであれば、
そんなことに付き合いきれるのか?
または付き合っていいのか?
といったこともあります。
 
それでもね。
愛情があれば付き合いきれるかもしれませんが、
そうでなければ
もしかしたら人生の無駄遣いかもしれません。

【不貞相手との話し合い】


お休み本番という方も多いと思います。
ご実家へ――という方もいれば、
旅行へ――という方も。
いろいろと。
 
夫婦問題でゴタゴタと落ち着かない日々を
過ごしているのですから、
せめてリフレッシュをしっかりとしてください。
 
別居中や協議中で
ひとりになってしまってただただ寂しい・・・・と
いう方もいるかもしれませんが、
そこは自分のために24時間使えるご褒美くらいに思って
なかなか思えないかもしれませんけれど、
休みはしっかり休んでください。
 
 
あるご相談者は、
夫の不貞相手と話し合いをしたそうです。
その際、ふたりで泣いてしまった・・・・
夫の嘘に・・・・・
 
妻に嘘をつき、浮気相手に嘘をつき・・・・
偽装工作を重ねていた夫・・・・
ふたりで呆れるを通り越して、
泣いてしまった・・・・と。
 
そんなこともあります。
 
なんのために生きているんだか・・・・夫。
自分のためだけですかね・・・・・
そういう人に限って、いろいろやらかすんですよね。
 
そんなにうまいこといくわけが
ないではないですか・・・・
っていう法則がわからないのかな~と思うんですけれど。
 
妻はやさしい人なんでしょう。
浮気相手も「かわいそう」と――
そして、浮気相手も
「私は別れればいいけれど結婚している奥さんは
これから大変ですね」と――。
思い遣り合う妻と不貞相手。
 
なんとも奇妙ではありますが、
あまりにひどい夫に
心ある人間ならそうなるかもしれません。
 
そのくらいひどいかも。
していることが。
 
まあね、そういう人って、自分では
それが続くと思っているんですが、
そんなわけはないわけで
必ずどこかで自分に返ってくるものなんですよね。
それがいつしかわからない、理解はできなくても
そういうことになっていくんだと思います。
 

【おめでた】

今日も涼しいです。東京は。
夏休みに入った方が多いので、
人が少なくなって、なんとなーく涼しいし
過ごしやすいです。
 
今日は、なんともうれしい!
 
2年ほど前に夫の浮気がわかり
苦しんでいた方が
1年前に修復をはじめ、
少しずつ夫の距離は縮めつつ、
お互いに忙しい中でも
それぞれに努力を続けてきました。
 
まだ若い方なのですが、
半年前には、「子供ができないかも」と
また別の悩みで迷子になりそうでした。
 
ですが!
ついに妊娠!
今年の末には第一子が誕生する予定だそうです!!!
なんともうれしいビッグニュースです。
 
浮気+妊娠は無理かも・・・と
ふたつの山をとうとう彼女は
克服しつつあるのかなぁと思います。
 
夫もいらしてくれたことがあるのですが、
不貞発覚時、妻の気のすむように・・・・と
全面的に反省の色を示してくれ、
お互いが修復という遠い目標を
見ることができました。
 
それでも苦しかったとは思います。
だけど、よく頑張りました~。
ほんとによく頑張ったと思います。
最初はいつも泣いていましたから。
 
夫は妊娠がわかったときには、
「ねえ、どんな様子だった」と聞くと
「とてもうれしそうでした」ということ――。
 
戌の日にはふたりでお参りに行ったそうです。
 
もっと早く教えてくれればいいのに~、というと
安定期に入ったので、と慎重にご報告に来てくれました。
 
ほんとにうれしいです。
新しい命が生まれてくる。
夫婦の歩みが進んでいるということだと思います。
 
取り越し苦労かもしれませんが、
ふたりとも多忙なので、
「これからまた別の意味で大変だわね」
なんて、早くも出産後の夫婦についての話になります。
 
慎重にひとずつ進められる人なので
きっと大丈夫。
しっかりしたママになる姿が
今から想像できます。
 
かつては泣いてハグでお別れでしたが、
今日は少し膨らんだお腹を
なぜなぜしてお別れしました。
強くなったぞ。