夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【いばらの道】

GW初日、皆さんはいかがお過ごしでしたか?
よいお天気に恵まれたスタートでした。
でも夫婦がうまくいかないでも休日は憂鬱ですね。
 
家庭は安らぎがないと・・・
いつもピリピリしている。
いつも一方がやりたいことをやっている。
いろんな形がありますが、
大事なことは安らぎ、ではないでしょうか。
 
まあもともと顔を合わせていないと
いう夫婦の現実もありますけれどね。
すれ違っちゃっている。
 
そんな夫婦は安らぎどころではないです。
 
現実的に物理的にすれ違っていると
ほぼほぼ必ず夫婦は
うまくいかなくなるんだろうな、
と思います。
 
だって夫婦でいる意味がないし、
たとえ、子どもがいたとしても、
家庭をいっしょに作っているつもりだとしても
つもりなだけで、
実際には作ってはいないわけですからね。
 
お金を稼げばいいとか、
育児をすればいいということでは
ないんだろうと思います。
 
現実問題どのくらい夫婦ふたりが協力し合えているか。
たとえどんなに忙しくても。
それがなければ家庭を続けていくなんて
どこかで無理な話です。
 
どこかで亀裂が入り、
すれ違いが起きていくものです。
人間なんてそんなに完璧ではないのでね。
 
自分のやるべきことや
自分の人生の目標達成をするのなら、
もしかしたら結婚というのは
足手まといなだけかもしれません。
 
だってたくさんの面倒なことがあり、
時間を奪われ、
自分とは価値観も
育った環境も違う人とかかわっていくのですから。
 
都合よく、自分のやりたいことを
やるためのひとつが結婚だと思っていると
足元をすくわれます。
 
結婚って大変ですから。
そう思っていないと。
とても大変なことなんですよ。
誰かと「暮らす」って。
暮らしって。
 
お飾りではないんです。
結婚生活は。
そこには現実があるだけです。
 
だけど、それをちゃんとやっていくうちに
自分の人生だけだったら
得られないものが得られるんですね。
そこに至るにはけっこうな時間と
労力がかかっていて、
そこをどれだけかけられたか、が
結婚生活がうまくいくかいかないかの
分かれ道なのかな、と思います。
 
好きな人と結婚してうれしいとか、
子どもが生まれたからうれしいとか、
そんなことだけで終わるわけがない。
その道を選んじゃった、っていうことです。

【もう責めるのは止める】

GWですね、いよいよ。
夫婦問題が起きていると憂鬱だったりもします。
楽しいばかりではすみません。
 
GW前の今日はいろいろなことがありました。
不貞している妻に離婚を言い渡す人。
やはり不貞している妻が不貞相手と旅行を計画
している疑いのある人。
やはり不貞している妻が、
相変わらず不貞を継続していることがわかった人。
別居を決めた妻。
う~ん。
みんな悩ましいです。
 
悩んでいます。
決して割り切れるようなことばかりではなく、
悩みながら、その中でも手探りで進んでいく、
そんな気持ちです。
 
ある相談者の妻は、夫から離婚を迫られ別居が続き、
ずっと悩んでいました。
離婚した方がいいのか、
子どものために離婚しないほうがいいのか。
 
だけど、つい近日、前へ進むことを決めました。
「自分のことも、夫のことも、
もう責めるのはやめようと思います」と――。
 
とことん考え、とことんまでいったのだと思います。
手探り手探りは
いつかそんなとことん自分の答えにたどりつきます。
自分なりの答えです。
ひとつも同じものはありません。
それでいいのだと思います。
 
あなたのやり方、
あなたの方法で、
あなたの答えを導き出してほしいと思っています。
 
どうか、焦らず少しでも楽しく過ごせる休日を
過ごしてください。
考えるのを止めて
ゆっくり休むことも必要なときがあります。

【意地をはる】

夫婦喧嘩とか夫婦問題になったとき、
どうしても意地になってしまって、とか、
負けるような気がして、とか、
 
勝ち負けではないし、
そこで意地を張っても
というところなのですが、
ついついそうなりがちです。
 
それと、正しいのは自分だという思いが強すぎると、
相手のことを責めたくなると思います。
正しいとか間違っているということが
どれが、という答えがないのが夫婦問題だからです。
 
相手と自分の関係が
よくなければ、事態はどんどん悪化していくでしょうし、
だけど本当は改善をしていきたい。
だけど、だけど、意地になってしまってうまくはいかない。
そんな負のスパイラルみたいなところがあります。
ですが、そこを脱しないと。
 
意地を張っているあいだに
どんどん夫婦間の溝は広がっていくし、
相手も同じように
意地になっているのかもしれないし。
 
そこは、どこで止められるか。
意地をはることを。
そういう自分のプライドみたいなものを
捨てられた人が改善できるのだと思います。
 
自分のプライドにこだわればこだわるほど、
何もできないし、関係もよくならいし、
自己主張を続けていくしかないです。
 
夫婦という関係なので、
相手のことを考える余地がなく、
自分の意地を貫こうとするだけだと、
ほんとにうまくはいきません。
 
そこを捨て去れるか、ではないかと思います。
 

【女として見られない】

出産後、妻を女として見られなくなった
と言われた。
 
はたまた不妊治療で妻を女として見られなくなった
と言われた。
 
異性として見られなくなった、ということは
夫側だけでなく、
妻の側にしてもあります。
 
結婚したら夫を男として見られなくなった。
なんてことももちろん。
だけど男性の側に多いように感じます。
 
男と女として結びついていたものが、
いつしかそうではなくなる、というのは
自然なことであろうと思うのですが、
ある意味では。
 
それが、あまりにもその変化についていけなかったりすると、
女として見ることができない、ということに――。
 
男性は好きな女性に笑っていてほしいものだし、
それが男としての自分の誇りだったりします。
その笑顔は自分が守るものだと思う。
 
いつも不機嫌な顔。
 
いつも怒っている顔。
 
家庭の中でそんな妻の姿を見ていると
いつしか女として見られなくなるのかなぁ、なんて思います。
 
とくに怒鳴ったり
ヒステリー的にキーッとなったりする姿は
見たくないと思っているし、たぶん恐怖。
恐怖以外の何ものでもないかもしれないです。
 
女性の側は大変なことも多くて
家事や育児と奮闘しているうちに、
夫である異性のことを忘れてしまっているのかもしれないです。
 
だから、家事も育児もほぼ完ぺき。
「こんなにいい妻はいないはず」と妻は思っているのに
夫にしてみたら「こんな妻は求めていない」とか。
あるんですよ。
そんなズレやちゃうことが。
 
相手が考えていることがわからないとね。
努力したとしても無駄になっちゃう。
別の努力をした方がいいこととか、あるんです。
自分が、じゃなくて相手が、何を求めているかを
少しだけでもいいのでわかると
多少は関係が変わってくるのかなぁ。
 
夫婦問題が起きている夫婦は
何を求めているのか、が
さっぱりわからなくなっていますから。

【予想外の出来事】

ある相談者が言っていました。
「まさか自分が離婚の危機に直面するなんて、
結婚するときは思ってもいませんでしたから」
 
ほんとに人生何が起きるかわかりません。
 
だいたいが予想以外のことが
起きるんじゃないでしょうか。
むしろ。
 
だから慌てたり、落ち込んだり、
現実を把握するだけでも大変だったり。
 
結婚するときはみんな楽天家です。
素敵な未来しか描かないし、
描けないし、
そうでなきゃ結婚しないし。
 
じゃないですか?
 
だけど、実際の結婚生活は
予想外の連続――。
よかったところがかえってダメなところに思えたり、
いっしょに暮らしてみたら違う面が見えたり。
どんどんマイナス要素が増えていきます。
 
マイナス要素に見えているだけで、
見え方が変わったというだけかもしれないのですが。
または見ようとしていなかっただけ
なのかもしれないですが。
 
表と裏みたいなもので、
表しか見ていなかった。
裏側といっても別に悪いことばかりではないのですが、
よく長所と短所は表裏一体みたいな、
そういうことです。
 
でもね、減点していくと
限りなく減点が続きます。
マイナスにマイナスを重ねるわけで、
どんどん減点していきたくなります。
 
減点してみているな、と思ったら
ちょっとひと呼吸おいてもらうといいかなと思います。
 
自分の気持ちというのが
どんどん加速しているんもあるので、
どこかで待った! をかけた方がいいように思います。
 
ほんとにそうなのか? と。
ちょっと待ってよ、と。
 
そういう第3者的になってみると
いいんじゃないかなと思います。
さなかにいるとわけがわからなくなりますから。
 
予想外の出来事っていうのは
じつはいつでも起きる可能性があるのですが、
予想外なだけに
予想はしていないわけです。