夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【楽しくてしかたない】

夫の浮気!
へっ! 突然!?
そのうえ離婚してくれって!
 
もうそりゃあ壮絶に悩みましたっけ。
その方。
死ぬんじゃないの、というくらい。
 
離婚離婚離婚と言われ、
「今日帰ったらハンコ押しそうです――――!!!!」
とまるで悲鳴のよう。
 
「ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待って」と
私も悲鳴のよう。
 
めちゃくちゃでしたね、1年前。
 
だけど、その方。
仕事も忙しいのですが、
仕事意外にも別のことを始めました。
 
そこから変わりました。
 
何かが。
 
子どももいるし、仕事も忙しいし、だけどやる。
個人としてやりたいことを。
 
たぼうさは、さらにでした。
 
だけど、そのおかげで、別の人生か開けました。
 
そこでの人との出会い。
出会いから発生する楽しい出来事の数々。
今は楽しくてしかたがないそうです。
 
死ぬんじゃないかと思われていた人が、です。
もう楽しくてしかたない。
そう言います。
 
で、夫婦はどうなったかというと、
結局、夫は離婚と言わなくなり、
なんとな~く家庭を気にしつつ
不貞を続けています。
 
一見家庭は平和です。
ですが、その間にも子どもは確実に成長して
好き勝手なことをしている父親を冷静な目でみています。
 
ときどき夫は妻にマッサージをして、と言うそうです。
夫曰く、「前より心がこもっている」気がするそうです。
 
ああ、そう。
そう思っているならいいわ、と思うそうです。
昔より、はっきり言って心などこもっていません。
やってと言うからやるだけのこと。
 
夫婦ってこうも誤解を生むものか、と思います。
ある日、妻かきら離婚と言われる日が来たら、
夫は唖然とするのか、キレるのか。
わかりませんけれど。
 
種をまいてしまったのですから、
しかたありませんよね。
蒔いた種が花を開いただけです。
誰のせいでもありません。
蒔いた種が時が来て花になっただけ。
 
身近な夫ではない
出合った人たちに救われていく。
ああ、別の世界があるのだということが
彼女を立ち直らせてくれました。
 
楽しくてしかたない。
1年前ならそんなふうには思えなかったはず。
人ってすごいですね。
ほんとに、と思います。

【離婚に至る、至らない】

今週はだいぶ寒くなるそうです。
昨日は満月で・・・・しかもスーパームーン。
パワーに眠れなかった・・・という人も
いるのではないですか。
私はそういう影響はあまり受けないタイプなので
大爆睡でしたけれど・・・・。
 
離婚しようかするまいか、
皆さん悩みます。
当然のことです。
人生の大ピンチであり、
大きな岐路ですから。
 
だけど、その離婚ということまでも
自分の思うような離婚の形にしたいと思うとき、
思うこと、思う人がいて、
私はそれは傲慢なのではないか、と思います。
 
物事の終わりというのは、
自分の思わぬ形でやってくることが多いか
ほとんどだと思います。
 
条件のことではないです。
条件は誰だって自分の希望する内容で、と思います。
そこで摩擦が起きて調停が必要になったり、
裁判が必要になったりします。
 
条件ではなくて、
離婚に至る理由だったり、
原因ということです。
 
何か納得できない原因で離婚に踏み切れなかったり、
選択できなかったり。
納得などできないものではないかなと思います。
一方的に離婚理由を作られたり、
離婚離婚と言われたりしたら。
 
だけど、そこで起きていることを受け入れられないと
ずーっと、抱いています。
納得できないことを。
 
だけど夫婦って納得できないことなんて
たくさんあるんじゃないでしょうか。
そもそもこれまでだって。
ただ、そのことについて自分が納得できないということ。
その根拠って、けっこう自分だけだったりして。
誰も理解してはもらえなかったりするんです。
 
だけど夫婦は相手がいることだし、
納得できなくても
ある意味法的な関係なので
離婚に至ることはあります。
 
相手はすでに気持ちがなくなっていて、
夫婦を継続するつもりがなくて、
だけど簡単には夫婦は壊せないということで、
つながっている。
 
子どもがるいからとか
経済的な理由とか
いろいろあると思います。
だけど本当に本当のところは、
その事実が受け入れ難いだけだったりしませんか?
もしかしたら相手がすでに愛情がなくなったということを
受け入れられないのかもしれないし、
それは相手に対しての愛情とか執着ではなくて、
自分に執着しているっていうことなのではないかな、とも思えます。
 
そんなに思うようにはならないものです。
他人って。
自分のこともままならなかったりするので、
まずは起きていることを見てみて。
受け入れてみて。
と思うのですけれど。

【メンタリティ】

ひとつのことにこだわっていると
別のことが見えなくなり。
こだわりを捨てると
いろんなことが見えてくる――。
不思議ですね。
 
同じ人の中でもそんな変化。
もしくは、激変が起きます。
 
今まで問題だったことが、
あることやある言葉や
ある出来事をきっかけに。
なーんだそんなこと。
とか
なんでもないことのように思えてくる。
 
自分の心模様。
 
心という実態のないものにとらわれてはいないでしょうか。
心なんてじつは、何も実像はないのです。
 
あるのは現実と……
自分の肉体です。
 
体が元気な人は心も元気です。
からだに不調があると心も弱くなったり、
落ち込んだりします。
 
レジリエンス。
回復力というのですが、
フィジカルが強いとメンタルも、じつは強くなります。
 
アスリートのメンタルがタフネスなのは
そんな理由からです。
 
心とか、頭とか思考とか、
意外と後からついてくるものです。
大したものではないのです。
 
考えている時間があるら、
まずは動こう。
動いてみると体が感じるから。
体が感じたことが
じつは本質的なことなのではないでしょうか。
私はそう思っています。
 
快か不快か。
いくら納得できることだとしても
不快は不快。
嫌なものは嫌。
自分の本能が言うはずです。
 
からだの声に耳を傾けてみる時が
あってもいいと思います。

【ニュートラルに】

いつも、自分がニュートラルでいられるように、
と思うことって大事かな、と思います。
 
どうしたってブレるので、
人って日々いろんなことがあるし、
いろんなことが起きるし。
ゆらゆらします。
 
だからこそ。
ニュートラルな自分に戻ろう。
ニュートラルであろうという意識は
大事ではないでしょうか。
 
偏らない。
いろんなことが起きたとしても。
自分の中心軸に戻ろうとする。
 
どこにも属さず、
自分であること。
 
車のギアでいえば、
どのギアにも入っていない。
ある意味パワーを遮断するということです。
 
ニュートラルな自分で、
ニュートラルな視点で
今の出来事をみたら、たぶん自分らしい、
納得のいく答えが見えてくるはずです。
 
ニュートラルになれない状態だからこそ、
わからない。
動けない。
 
欲のない状態でもあります。
ニュートラルな状態と言うのは。
ああしたい。
こうしたい。
こうだったら。
ああだったら。
そんな気持ちも手放して、
ほんとに何の感情にも左右されない。
なんのエネルギーもかけない。
そんな自分になれるようにしてみてください。
 
そうでなくても次々にいろんな欲望は
わいてきます。
だけど、一度何かのエネルギーと距離を置いてみる。
 
そして、自分に問いかけてみてください。
どう?
どう思っている?
つらい?
苦しい?
 
そうか、そうなんだね。
つらいんだね。
苦しいんだね。
それが今の自分で、
そんな自分を素直に受け入れてあげてくださいな。

【わかっている…つもり】

夫婦ってどうしてわかりあえないのだろうか・・・・
ときどき真剣に考えます。
 
いろんな理由があると思いますが、
わかり合おうという意識がないのではないか、
と思ったりします。
 
そこを飛ばしてしまっている。
わかっているから。
わかっているから結婚したから。
 
だけどじつはわかっていないことがたくさんある。
 
結婚してから知ることと、
付き合っているときに知っていることとは
違うんじゃないかな、とも。
 
だけど怖いのは、違いに気づくことがないのですね。
問題でも起きない限りは。
 
だから問題が起きると
「えっ?」「」はっ?」
「何考えているの? 」
という状態に陥ります。
 
離婚に至ると
何もわかっていなかったのだ――ということに
たどりつきます。
 
わかったつもりなだけ。
 
わかっていないことはたくさんあります。
 
それに人は同じところにはいないので、
かつての夫や妻はいないのです。
 
見ているのは幻想・・・かも。
 
だからこそ、
わかっている、などと思わないでほしいな。
わかろうわかろうとしてほしいです。
それが問題を防ぐための一助になるような
気がするからです。
 
今何を考え、
今何をしたいのか。
 
いつも相手の今を
見てみてほしいと思っています。