夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【危機感はもてないもの】
【怒りの矛先】
【周りの人には見えている】
【いくつになっても仲良くしていくために】
【戸籍上は父だった】

最も人気の高い記事

【危機感はもてないもの】
【怒りの矛先】
【周りの人には見えている】
【いくつになっても仲良くしていくために】
【戸籍上は父だった】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

夫婦円満の秘訣

【いくつになっても仲良くしていくために】

寒いですね。
風邪に気を付けてくださいね。
結構多いです。
風邪ひいている人。
 
昨日は雨の中、
70代と80代というご夫婦がいらっしゃいました。
おふたりとも前向きで、
夫婦仲を改善したい、と。
 
いくつになっても夫婦問題ってあるものです。
 
掛け違えたところはどこなのか?
何を今すればいいのか?
できるところからしていこう。
 
おふたりとも柔軟性があって、
経験も知識もあるがゆえに、理解も早い。
 
とてもとても高齢とは思えない、
豊かな心と努力家。
 
なんて素敵なのだろうと思いました。
 
生きていくっていいな、と
私が希望をもらったような
気持ちになりました。
 
少しでも今よりよくなろう。
これまでのどこがいけなかったのか。
そして、次のために――。
 
素敵ではないですか。
 
修復できますかね?
もちろんです。
だっておふたりが修復という目標を見つめているから。
どうやったら今よりもっと仲良くしていかれるかを
真面目に考えて
何かをして、行動していこうとしているから。
大丈夫。
 
ご高齢の夫婦の場合、
むしろ別の悩みの方が多いです。
今までの積もりに積もった持っていき場のない思いを
どうするか?
 
もしくは変わらない相手と
どのように付き合って行ったらいいのか?
ときには、卒婚。
 
ですが、仲良くいっしょにいるためにはどうしたらいいのか?
夫婦の究極のテーマに正面から向き合っている。
夫婦だけでは見えない。
解決の糸口が見えない。
そんな突破口を探そうとしている。
きっと探せると思います。
 
希望が見えます。

【言葉って誰のもの】

今日はうれしい報告をいただきました。
2年前に離婚した元ご相談者。
素敵な人と出会い、結婚! を決めたそうで!
近いうち、そのお相手ともお会いすることに。
 
定期的に元相談者といえる、
その方とはお目にかかっていましたが、
うれしいですね~。
とはいえ、カウンセラー的な視点として、
見ちゃうかな、たぶん。
が、それも期待されていることなので、まあいいか、と。
 
やっぱり人生の展開というのは予想外。
離婚も予想外なら再婚も予想外。
だからおもしろいっていうか、
生きているってそういうことなんでしょう。
予想できることばっかりだったら
それほど楽しいかというと・・・?
悲しみもあるからうれしいこともある。
 
言葉はつくづく、いつも言わせていただいていますが、
受け手の問題。
どのように受け取られるか、
ということをイメージできない人ってイタイ。
 
というか、自分の言いたいことを言うのが
言葉と思っているとしたら、
大誤解を招いているかも。
いろんな人に。
 
言いたいことを言うのなんて簡単なことで。
言えばいいだけの話ですから。
確かに言葉だけど、
そこにはなーんにも思考が働いていないかも。
 
言葉を選ぶとか、
どのように言ったら自分の伝えたいことを伝えられるかって
いうのがコミュニケーションの
本質なのではないでしょうかね。
 
それには受け手のことを考えられないと
伝わらないのではないかなと思います。
 
まあ、かの大学のかの監督たちの会見を見ていると
つくづくそんなことを感じます。
言った言葉を言った通りに受け取らない方が悪い
とでも言いたそうな中身。
 
いやいや、どう受け取られるかわからない、という
思考はないのですね。
どう受け取ろうが、その人の自由なのですから。
発した人の思惑とは違って受け取られることなど多々、
ではないでしょうか。
 
よくある事例としては「離婚ね」と思ってもいないのに
発してしまい、
ほんとに「じゃあ離婚しよう」と言われるケース。
ほんと多いですから。
言っちゃたんだもの。「離婚」って。
思ってなくても。
 
誤解されても仕方ないし、
受け手はその言葉を受け取って
さて、と考えるわけですから。
どう考えるかは受け手の問題。
言った側ではなくてね。
言葉って大事たと思いますよ。
 

【なんだか変】

GW初日、皆様いかがお過ごしでしたか?
とてもいいお天気で、爽やかでしたね。
 
お休みが続くとと゛うしてもいっしょにいる
時間が長くなるので、
夫婦にとってはちょっとした危機かも!?
 
仲良くしているときは危機なんかじゃないですが、
あまりコミュニケーションがうまくいっていないと
いっしょにいる時間が長いトラブルになったり
夫婦喧嘩が勃発します。
 
長い休みでちょっと憂鬱だな、
と思うようなら、少し見直してしてみた方が
いいかと思います。
 
 
何かどこか、うまくいっていないところがあるはずで、
そのまま放置しておくのはあまり
おすすめできません。
 
何か夫婦を見直すいい機会かも。
一日中いっしょにいるとか、
何かをいっしょにする機会に。
そんな機会はあまりないんです、じつは。
 
夫婦ってにいっしょに過ごす時間が
けっこう日常的には短いので、
どっぷりいっしょにいるってないんですよね。
意外なことに。
だから夫婦喧嘩になったりよくします。
たまにいっしょにいる時間が長いと
いろいろ問題。
 
ちょっと気を付けてと思います。
非日常なんです、じつは。
 
楽しく過ごせていればOKですけれどね。
そうではないとしたら、見直し。
 
ときどき、いろんな機会に見直してみるといいですよ。
問題の起きいる夫婦は
見直すことなく「これで」と
突き進んで、結果問題が起きているような気がしています。
 
で、後になってやってしまってから
やってました、となっても
もう過去のことは取り戻すことはできませんから。
その前に、と思うんです。
 
過去は取り戻せません。
やってしまったことは消すことはできないってことだけは
はっきりしていますから、
その前に、どのくらい察知できるか
っていうのも大事なことです。
 
なんだか変? は
きっと何かのサインと思ってみると
いいのではないかと思います。
 
どうぞ、円満にお過ごしください。
 
 

【イラっとする】

イラっとくるってないですか。
相手の放った言葉にイラッとする。
イラっとしてイライラする。
 
イライラしたとき、
ああ、なんだかイライラしてるな~、と
他人事のように思ってみるといいです。
感情に飲み込まれてしまうとイライラは
ますます右肩上がりですべてがイライラしてくる。
別のことまでイラついてきます。
でも他人事のように見ている自分がいると
まだ、少しイラつく自分に躊躇があります。
 
イライラする気持ちを加速させるよりも
どこかでブレーキを踏んだ方が
人間関係うまくいきます。
 
それとイラっとするとき、たぶんイライラの法則
みたいなことがあると思うんです。
いつもイライラするポイント
とでも言いましょうか。
どんなときにイラっとするのか。
 
日常的にイラっとするのはどんなときなのか。
なんでなのか。
どうして解決できないのか。
って考えていくと、
なんだか自分がわかってきます。
 
イラっとをそのままにしておくと
夫婦喧嘩につながりやすいので、
ちょっと自分のイラっとを分析してみるんです。
 
なんでイラっとするのか、と。
 
そのまま生みたいなイラっとを
対人に対してぶつけていては
いい関係は築けないし、
イラっとすることなんて夫婦以外でもあるしね。
 
上手にそのイラっとから自分を
導いてあげられるといいんじゃないでしょうか。
 
何かあるはずなので、そこには。
たとえば言いたいことを言わないで我慢しているとか。
言ったけれど全然相手が聞いていないとか。
じゃとうしよう?
と考えるヒントがほんとはあるはず。
 
だけど感情任せだと
イラっとするだけで関係が悪化するだけ。
イラっとしたら思い出してみてください。
 

【余裕をもってみると】

熟年夫婦の域に到達したある妻。
夫が半リタイア状態で、
家にいることが多くなったそうです。
 
それまで「俺には構わないでくれ」と
若い頃から言われていたため、
ずっとそれを実行していました。
 
どこへ行こうが本人が言わない限りは聞かず
言ってみれば好きにしてもらってきた。
夫もまあとくに遊ぶわけでもなく、
趣味はあれど、仕事は真面目に。
 
ところが、半リタイアしたら時間ができた。
そうしたところ、
「ねえ、遊ぼうよ」と言い始めたそうです。
妻は「へっ!? 」と。
何を今さら・・・・。
「俺にかまうな」と言っていた人が・・・。
苦笑いでした。
 
だって今まで「構うな」と言っていたんですよ、と。
そのまま夫に返したところ
「人は変わるんだよ」とのこと。
 
今更言われてもねぇ・・・と妻。
ちょっと笑いました。
 
でもね、夫婦の在り方って変わるんですよ。
いろんなことで。
 
その妻のいいところは、
「今までさんざん構うな」と言っておきながら、とは
思わない、言わないところ。
 
「まったくね」と言いながら
ほどほどに付き合ってあげるそうです。
 
夫のセミリタイアという状況の変化に
少し譲歩した感じでしょうか。
 
いろんなところでほんのちょっぴり
譲歩できるかどうかって
大事なことなのかもね、と思います。
あまり意識したり、大げさに考えない。
 
私が、俺が、と考えていたら
喧嘩ばかりかもしれないですから。
 
目くじら立てようと思ったらいくらでも、
だけど、そうしたところでおもしろいことになはなりません。
 
少しの余裕っていうことなのではないかな、
と思います。
ちょっと余裕をもってみると意外と
気持ちもゆったりできます。
 
そうしたら、今度はストレッチしようよ、と
言い出したそうです。
運動嫌いの夫が。
で3回くらい付き合ってあげた、と笑っていました。
 
とても円満な夫婦です。
今までに一度も大喧嘩をしたことない。
相手の言っていることに耳を傾ける。
夫婦円満の秘訣なのかなと
思えるご夫婦です。