夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

女の浮気

【悩まない】

最近は、妻の浮気が多いというか、
もともと数的には同じではないかな、と思うのですが、
表面化することが多いです。
 
多くのケースで離婚を選択していきます。
 
人生が長いですからね。
 
浮気した人とやっていくのは
よほどのことがないと大変。
 
たった一度の人生です。
 
私は手放すとか、
見切るってことは
大事なときがあるだろうなと思います。
 
見てるとね、ということなんですけれど、
すごく大変なことかもしれないけれど、
いつまでも同じことを繰り返していたってしかたないしね、
と思います。
 
確かに、見えないことに対しては不安です。
見えない未来。
先が見えなくなってしまうこと。
 
まあ一番の不安です。
見えないことは。
 
だとしても、
やるしかなくないですか。
 
あるお父さんは、浮気している妻と
やり直したいと思っていました。
だけど、あまりのひどさに「無理だな」ということに
たどり着きました。
 
プライドもあるのでしょう。
必要なことだと思います。
 
そこまでして自分の人生を無駄にする必要があるのか、と。
 
そして子供のことを考えると
母親として必要なのか、
そうではないのか?
 
そう考えたときに答えが出ました。
 
答えが出るということは
もう悩まないということです。
 
悩まなくなると
人は強くなるのですね。
ほんとに強くなります。
 

【失った夫婦の信頼を取り戻す】

「浮気をしてしまった」という妻からのご相談をときどき受けます。
修復をされて、今は夫婦としてやっているけれど、
どうも夫婦がしっくりといかない。
そのことが夫の胸に刺さっていて、
その後も何かあれば蒸し返されたり、
夫婦がぎくしゃくする――。

ご相談くださる妻としては、
その後は家庭を第一にやっていくつもりになっているのですが、
たびたび浮気の問題が浮上したり
そのことがしこりになって別の夫婦問題が持ち上がっていたり
することで悩んでいます。

確かに理由はどうあれ、浮気をしたことは肯定できる
ことではないと思います。
そこは反省して、夫も受け入れたのだとしたら
あとは言葉ではなく夫に対する態度や
生活でわかってもらうしかありません。

言葉でいくら謝ったとしても
もう二度と浮気をするつもりはないといっても
一度失った信頼を取り戻すのには言葉だけでは足りません。

夫婦は日常なので生活です。
生活のなかで今のココロの決意を
伝えていくしかないのではないか、そう思います。

幸い、日々いっしょに暮らすことを積み重ねることで
信頼を取り戻していくチャンスはあります。
言葉は大切なものですが、それだけですべてを
表しきれないこともあります。
言葉が軽いときもあります。
信頼を取り戻すチャンスをしっかりと生かして
相手の信頼を再び得られるように努力する。
そのことの方が言葉より大切ではないかと思います。

こういう問題が起きると言葉だけで片づいたと
思ってしまいがちですが、
大切なのは日々の暮らしの中での些細なことです。
妻は「浮気したことを反省している」と言い
夫は「もう一度やり直す」と言ったとしても
それは言葉だけのことです。
大切なことは、些細な日常でほんとうに相手への気持ちを
伝えていくように努力することなのだと思います。

過ちで信頼を失ったのだとしたら、
その倍の時間をかけても信頼を回復していくつもりで。

たまたま例として妻側に立ってお話しましたが
男性が浮気をしたとしても同じです。

受け入れた相手側にしてみれば
信頼していた相手からの裏切りは
なかなか信用しがたいものがあるのでしょうね。
一番信頼していた人からの裏切りですから
その気持ちもわかります。

ただ、一度受け入れたのだとしたら、
あまりその問題を引きずってしまうことも
夫婦にとってはよいこととはいえません。
できれば、頑張ろうとしている相手をしっかりと見て、
きちんと判断してもらいたいなと思います。

そして、過去の浮気問題がどうしても
つっかえ棒になって夫婦がうまくいかないのだとしたら、
お互いにそのことでもう一度夫婦としてやっていかれるかどうか
考えてみることも必要かもしれません。

【女の浮気も今やあたりまえの時代】

最近つくづく女性と男性の様子が入れ替わってきたな、
と思うことが多いです。

元モーニング娘の矢口真理さんの
不倫騒動が話題になっていますが、
そうか、そこまできたか、という気がします。
会見する云々はタレントとしていろいろと
方向性というのがあるのだと思います。
夫のいないときに家に浮気相手を入れるというのは
まあ、男性がやったとしても非常識ではありますし、
今まで女性側のそういう話しは聞いたことがなかったので、
衝撃ではあります。
ただ、よくある話といえばそんな気もします。

実際、離婚となったときに
じつは育ててきた子どもは
夫の子どもではなかったと知るケースも多いと聞きますし、
はっきりさせるためのDNA鑑定もかなり多いそうです。

男も女も同じ立場ということでいえば、
男性の浮気と同じ数だけ女性の浮気があっても
おかしくはないと思います。

男の人は、もしも自分が浮気をしている場合、
妻が浮気をしても許せるものなのかな? と思います。
もし許せないというではちょっとバランスを欠いていますよね。

女性が浮気をする心理の中にあるのは
単に性的な欲求からだったり、
はずみだったり、何かに対しての不満だったり、好奇心だったり
あまりそういう部分では男女差というのは
ないんだろうなと思います。

男女差がなくなるとどうなるのかな・・・・
いい部分というのもあるんだろうけれど、
男であることの女であることの存在意義みたいなことは
動物として産む性とそうではない性の違い以外に
どこに見つければいいのだろう、と迷ったりします。

洋服なんかを買い物をしていて、
イケメン、スタイルよし、ゲイではなさそうなキレイめ男子に
「ありがとうございますぅ~っ」と
高い声でお会計時に言われたりすると、
「キモッ! 」と思ってしまうのは、私がおばさんだからでしょうか。
同じかわいいでも女の子だといいんですけれどね~。

これからますます女性の浮気は増えていくというか、
表に出ることが多くなるのだろうな・・・と思っています。