夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【自分を信じられる】
【浮気したけど反省? 】
【何を考えているのか】
【もう謝らない】
【過去の出来事】

最も人気の高い記事

【自分を信じられる】
【浮気したけど反省? 】
【何を考えているのか】
【もう謝らない】
【過去の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

妻の悩み

【もう謝らない】

夫婦問題、離婚問題が起きている夫婦。
妻の側がいつも謝っていたということは
けっこうあって。
 
もうこれ以上謝ることはできない。
そんなふうに思った妻は離婚を決意します。
 
謝られているときは、
それで済むのかもしれません。
相手が非を認めて謝って、
それで丸くおさまっていると
思っているのは謝られている側だけで、
いつも謝るなんて、おかしなことではないでしょうか。
 
いつか、そのことに気づくし、
なんで謝らなきゃいけないのか?って。
 
大事なことは謝るか謝らないかよりも
その中身で、
意見が違ったり、価値観が違ったり、
ぶつかったりもするでしょう。
するでしょうけれど、
その違いをどのようにしたら埋められるというか
お互いが近づけるというか。
 
それを模索するのが大事なことです。
丸く収めることよりも。
でも丸くおさめないと面倒なことになったり、
やっかいだから丸くおさめておこうという思考になるのでは?
と思います。
 
それを置いておいて、
謝ってとりあえず丸く収めようというのは、
結局本当のことを話し合えたりしていないということだし、
意見を言えないということだし、
もうその時点で、なんといいましょうか。
 
対等ではないというか、
どこかがおかしい。
夫婦として。
 
バランスを逸しているんですよね。
 
だからどこかで崩れてしまう。
いつか。
 
対等でない夫婦関係など
続くわけがないので。
 
その時、謝られたとしても
本当にいけないことをして謝っているのと
とりあえずで謝っているのでは
全然意味が違いますしね。
 
けっこうあります。
ずっと謝り続けてきた。
もうこれ以上謝る必要があるとは思えない。
という妻。
 
そこからは怒りになります。
 
 

【妻の評価とオレの評価】

子育て中、夫がどのくらい妻に寄り添えるか、
というのはその後の夫婦を
決定づけるようなところがあって、
その時期にオレのことばっかりだったりすると
妻の気持ちはどんどん離れて行ってしまいます。
 
怖いのは自分ではイクメンと思っていても
妻からしたら「どこが? 」っていうくらい
隔たりがあって、しかもそれが
そう珍しいことではないことです。
 
自分ではよい夫、よい父なんだけど、
妻から見たら「フツー」ってこと。
フツーならまだいい方で
「全然じゃない」と思われていることも。
 
難しいですね。
 
まあやっぱり相手がどう思っているか、っていうのが
どんな問題でも大事なんじゃないか、とは思います。
自分も大事だけど、
相手も同じに大事。
関係を保つには相手との譲り合いというか、
相手との折り合いなので。
 
自分は・・・で進んでしまうと
間違えちゃうことがあります。
 
いつも相手はどう思うのだろう?
って思えていると少しはいいのかな。
あまりに相手に譲歩しすぎて 自分が苦しくなった
という相談もありますけれど。
 
そこまで譲歩できたとしたら、
やるだけやったということなのかもしれないですし。
 
いずれにしてもどこかで限界値ってあるんですよね。
きっと。
 
他人と比較することではないので、
ここが、というボーダーはないんです。
あくまで自分たちが夫婦がっていうことで
いいんだと思います。
 
大事なのはいっしょに暮らしている相手なわけですから。
その人はどう思っているのか。
イクメンって思ってくれているのか?
自己評価よりそっちかな、と思います。
 
そもそも評価って自分でするものではないですし、
自己評価と相手の評価がズレているってこと
よくありますから。
 
とくに「オレ」アピールが強い人はそうかな、と思います。
他の人から見たら「違うよ」ってことに気づかない。
気づきにくい。
自己陶酔しちゃっている感じです。

【共感力がない】

よくある「夫は共感力が低くて」という相談。
もともとの性差もあるのだと思われます。
女性はどうしても子育てする性ですから、
言葉を話せない赤ちゃんがどんなふうに
思っているのか、寄り添い、
共感していく生き物なのかもしれないです。
 
一方男性は性としては
そうしたことは求められていない生き物です。
 
むしろ餌をとってくることが求められます。
あくまでもともとの性としての原則は、です。
 
聞いていないわけではないのですが、
「聞いてるの? 」と言いたくなる男性の
会話中の態度。
ちょっとだけ変えるだけでも関係性は変わってきます。
 
女性の側としては興味のない話しをされても
男性は意味がわからないといいますか
どう受け答えしていいのかわからない。
そんな感じなのです。
 
聞いていないわけではないのです。
聞いているのだけれど、どんなリアクションをしていいのか
わからない。
知らない。
 
そんな感じです。
 
「共感性がない」というのは
そんなすれ違いが起きています。
 
男性側としては
興味がないし、
よくどう受け答えしていいかわからないことだったとしても
興味のありそうな反応をしてみることをおススメします。
「うん、うん」と言うだけでもokです。
 
「ねぇ、聞いてるの? 」と言われてしまうと
人の話を聞いていない。
共感してくれない。
そんなことになっていくので、
聞いているのですから、
反応するのが大事です。
 
まずは反応。
 
しかし、男と女はどうもすれ違うように
できているのではないか、と思います。
愛情だけでは埋められない
そこには何かがあるんでしょう。
それを知るのが結婚生活なの? 
とすら思えてしまうときがあります。
 
身近な人なのに全然わからない。
そんなところがあって、
長く続く夫婦は、
そのわからないところを含めて
理解しているっていうことなのかな、
と思ったりします。

【心の闇】

私を見てと言い続けている妻がいます。
私を見て、
私を見てと。
 
だけど夫は全然見ていません。
まったく別のことを見ています。
 
思いもよらない別のところを見て
夫婦を続けています。
 
だけど妻は私を見てほしくて、
哀しいほどに私を見て、です。
 
心の闇というのは怖いですね。
 
誰しも闇はあるのでしょうけれど、
必要以上の闇は
事態を悪化させていくだけです。
 
私を見てほしいがために、
そのためだったらどんなこともします。
だけど、そんなことは夫にとってはどうでもいいことで、
妻のことを女性としても1個人としても
見ていないし、都合よく使おうというだけです。
 
それでも見てほしい妻。
 
哀しいです。
 
見ることはないといのに、
その事実を受け入れることができないまま、
彼女はずっと「私を見て」と
言い続けています。
 
彼女の闇は深いです。
いつも満たされることはないし、
それはこの先も。
 
それがわかっているのは周りの人だけで、
当の本人だけが事実を見ようとはせず、
自分の希望にすがりつきます。
 
そして現状を打破するだけの勇気もないので
ずっと同じ状態が続きます。
 
哀しいものです。
「私を見て」と言ったとしても
興味もなければ
愛情もない。
だけど彼女は叫び続けます。
心の闇からの声を。

【共感する力】

寒さが少し緩んでいます。
ちょっとだけホッと。
でも風邪ひいている人も多いですね。
筋肉も硬くなっているし、
心も硬くなっていませんか?
寒いとね・・・。
 
よくある相談なのですが
「うちの夫共感力が低いんです」というもの。
妻からの相談です。
 
女性は相手のことを自分のことに引き寄せて
考えることができる人が多いです。
出産、もともとは子育てする性の
おかげだと思います。
 
反対に男性は、もともとは備わっていません。
子どもを育てるという能力は。
やはり餌をとってくる、というのが
動物としての本能です。
だから女性からみたら
共感力に乏しいのは当然なのです。
 
そんな男女の性差というのがあります。
夫婦といえども男と女という違いがあります。
 
そこを理解しておくといいのではないでしょうか。
 
夫はもともと共感力が低いものである。
 
夫の側は妻は共感力を求めている。
 
そのない共感力をどのようにしたら
身にできるか、というと、
「妻はどう思っているのだろうか? 」という疑問。
自分とは違う感性の持ち主はどう感じているのか?
ということにどれくらい
考えが及ぶか、ということだと思います。
 
想像の世界です。
はっきりいって。
 
その想像ができるか、できないか、
の違いではないかと思われます。
 
想像力というのは
働かせるつもりになればできるはずです。
果てしなく想像する必要はありませんので、
ちょっとだけ、自分とは違う感性、
感受性の人のことを想像してみるだけで
少し違ってくるのではないか、と思います。