夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【危機感はもてないもの】
【怒りの矛先】
【周りの人には見えている】
【いくつになっても仲良くしていくために】
【戸籍上は父だった】

最も人気の高い記事

【危機感はもてないもの】
【怒りの矛先】
【周りの人には見えている】
【いくつになっても仲良くしていくために】
【戸籍上は父だった】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

子どもの問題

【戸籍上は父だった】

サッカーワールドカップ開幕ですね。
きっとまたいろんなドラマがあるのかな?
スポーツはできなかったとしても
そんな感動をもらえるところがいいですね~。
 
父親が浮気をして離婚した
ふたりのお母さんの話です。
 
7歳の子どもを持つお母さん。
離婚したことをどんなふうに子どもに伝えようかな、と
思案していました。
 
あるとき「結婚って」みたいな話になり、
「お母さんは結婚しているじゃん」と子どもに言われ、
何気なく「やめたんだ」と言ったところ
「浮気でしょ」と子どもさん。
 
図星。
 
子どもって親以上に
わかっていたりするからすごいし、
情報持っているからすごい。
核心を突いてくるのでびっくり。
 
「そう、だから考えが違っちゃったんだね、
お母さんとお父さんは」
と話したそうです。
 
その後、お子さんはそこにこだわることもなく、
「ふーん」みたいな感じだったそうです。
 
まあ別居期間もけっこうあるし、
もともといないことが多い父親なので
父親と子どもの愛着が育っているというむしろ薄い
ほとんど影響がない
というのもあるのかなと思います。
 
戸籍上は父だった、みたいな。
 
別のお母さん。
 
18歳になる子どもさんに父親が面会交流を求めています。
お母さんは拒否などすることもなく、
会ってくれるのはまったく構わない、
というスタンスなのですが、
子ども自身が会いたくない。
 
会いたいと言うなら会ってもいいけど、
何をしたいんだ、という子どもさん。
 
そりゃあそうだ。
18歳にもなれば浮気して家族を壊した親に会って
何を話してどう過ごす。
そんな親には会いたくないような年齢でしょうに。
 
どうやらそこがわからない。父親。
 
ずっといっしょに暮らしていたけれど、
けっこう口うるさく子どもにいろんなことを言い続けて
きた人で、子どもはうんざりしていた様子です。
だからそんな父親から解放されて今はのびのび。
むしろいつもダメ出しされていた学業成績もアップ。
 
いっしょに暮らしていても
愛着が育っていなかった。
エラソーなだけだとね。
そのあげく自分が浮気しちゃって
お母さんは離婚の決断ですから。
 
子どもにしたら「今さらなに? 」って
思っているんじゃないかな。
何を言われても今は心に響かないでしょう。
 
会いたい会いたい言ってますが、
どんな顔して会いたいのだろう、その父。
と思うんですよ。
子どもの嫌悪感、ちょっとはわかってくれないかなって。
 

【妊活】

妊活にまつわって
夫婦がなんだかうまくいかなくなった、ということ。
珍しいことではなくて・・・。
離婚を突き付けられた! という方もいます。
 
子どもがほしいけれど、夫婦の仲は
あまりしっくりといっているとは言えない、
とかいうこともあります。
 
そんなときは焦らないで、
やっぱり夫婦のことを考えていくのが
いいんじゃないだろうか、と思います。
子どものことよりも。
 
子どもができたら夫婦仲が改善するなんていう
単純な時代ではないです。
 
むしろ円満な夫婦も悪化するくらいですから。
 
結婚したからといって子どもありき、
ではないんだな、と思います。
 
まずは夫婦。
で、いいんじゃないかな、と。
 
夫婦が快適で円満で、
うまくいっているのがいい。
そこから考えて。
 
だって妊活のみならず
子育てに関連して夫婦関係が変化するわけで、
うまくいっていないと上手に移行ができないし、
そのままギクシャク度合いが大きくなることだって
考えられます。
 
でも子どもが生まれたら・・・と
希望的に思えるのかもしれませんが、
物理的に大変なことは増えるし、
子育てはやはりエネルギーがいるものです。
せめてその体制は整えたいですよね。
 
子どもが欲しい、ありきにならない方が
夫婦はうまくいくことがあります。
 
夫婦がうまくいっていてこその子ども。
なのでしょう。
 
そうしないと子供に失礼な気もします。
だからあまり無理しないで、と
言うことが多いです。
 
一方で妊活で夫婦が壊れそう、
という方たちを
見ているからかもしれないですけれど。
 
それに子どもは生まれたから終わりではないし、
生まれてからの方がずっと長いしね。
 
自分の何かのために子どもって
よくないですし、問題に発展します。
 
妊活もあまり夢中になっちゃうと
よくないかな、と思います。
 
ある夫は子どもはまだ先でいいと思っていたのですが、
妻の子どもが欲しいという要望に応えて
お子さんが生まれました。
ですが、今度は夫がいらなくなってしまった妻。
早々に離婚と言われてしまいました。
 
また、逆パターンとしては
子どもができたら妻と結婚できると思った夫。
確かにデキ婚で結婚しましたが、
その何年か後に、離婚と言われました。
結局子どもとかっていうことで
夫婦のことはごまかせないってことじゃないでしょうか。
 
う~ん。
なのための子どもなのだろう・・・と思います。
子どもが欲しいって、そりゃあリミットがあるので
わからないわけではないけれど、
なんか、どこかちょっと違うんじゃないのかな、と。
思ったりするんです。
 

【両親の姿】

すごい雨でしたね。
ザーザーと言うんだな、雨って、とあらためて。
雨の多くなる季節が到来ですねぇ。
 
親の姿というのは
嫌でも子どもが見ていて、
子ども価値観はもちろん夫婦観にも
影響を及ぼします。
 
だけど結婚生活ってやってみないと
わからないことばかりで。
 
親と同じなんてことはないし、
時代も違うので、意外と当てはまらないのです。
 
だからあまりお手本にならないところもあります。
 
親の夫婦や育った家庭にあまりとらわれて
しまわない方がいいんじゃないかな。
ラクなんじゃないかなと思います。
 
反面教師というのもありますけれどね。
親の夫婦像が。
 
喧嘩ばかりしている親だったら
そういうものか夫婦ってと思う人もいれば、
そんな夫婦は嫌だなと拒否反応になる人もいます。
 
いずれにしてもそれだけ影響がある
ということです。
 
親としてはできるだけ、それを軽減するっていうことに
意識を向けた方がいいのではないかとすら思うほどです。
嫌でも見えてしまうし、嫌でも学習するし、
嫌でも子どもの中に根付いてしまうので。
 
なぜなら親と子でも性格は違うし、
結婚する相手も違うわけですから、
どのような夫婦になるか、は
やってみないとわからない。
 
ほんとに。
 
だけどどこかで親の姿がよぎってしまうのでしょう。
 
それにとらわれてしまうのはリスクが高まります。
もっと柔軟性があったほうがいい。
 
目の前の人を見て考えて判断していくのが
最も現実的です。
価値観よりも大事なこと。
 
親からはいろいろなものを
受け継ぎますが、
それがすべてではないし、
それが正しいわけでもない。
 
ひとつのベースとしてはあるかもしれませんが、
そこを良くも悪くも修正しつつ、
自分らしさというのを見つけていくことが
人生を重ねるっていうことなんじゃないでしょうか。
 

【いなくてもいい親】

なんだかけっこうな雨ですねぇ。
梅雨を思い出しました。
ああ、もうすぐって・・・。
 
お子さんがいて、夫婦問題に直面すると
どうしても「両親がそろっているほうが」と
思います。
それは自然なことです。
また当たり前なことでも。
 
ですが、ほんとにそうなのかな、
と思う夫婦もしばしば。
 
あるお子さんはお父さんと別々に暮らし始めました。
お母さんとふたり。
お父さんは「勉強をさせてください」とお母さんに言ってきます。
ですが、別々に暮らし始めたら成績はアップ!
あらららら、です。
お父さんのプレッシャーから解放され、
好きな趣味もできて、のびのびと暮らしています。
 
自室もある暮らしから狭い部屋での暮らしになり、
思春期の息子さんはどうだろう?
と心配していたのですが、
そんな心配は杞憂でした。
持病があるのですが、その発作も出なくなりました。
もしや父親がストレスの原因?
などと思える節もあり。
 
狭い部屋も結果オーライ。
 
ある子どもさんたちも
お父さんとお母さんが別居を始めたら
のびのびと兄弟喧嘩をしたり、
好きなことをしたり、
両親の喧嘩をする姿を見ることがなくなり、
楽しそうなのだそうです。
無駄な気を遣うことがなくなった。
 
ある男の子は外出してもすぐに家に帰りたくなります。
「早く我が家に帰りたい」と。
家が大好き。
家で好きなことをしたりのんびりするのが好きな
お子さんです。
お父さんとお母さんは離婚して、
今は妹とお母さんと3人暮らしです。
 
やっぱりね。
家とか家庭ってそういうものだと思います。
素でいられるのが一番。
早く帰りたいと思えるかどうか。
 
素で子どもがいられないというのは
息苦しいです。
何か家庭としての機能が
滞っているのかもしれないです。
その原因が夫婦にあるのだとしたら、
いいのだろうか、と思います。
 
いればいいのか、と。
もしかしたら、いないことの方が
大事なこともあるのかなって。
いればいいってものじゃないんじゃないかと思います。
 
必ずいいことと反対に
よくないことってあるもので、
どっちの方がいいかっていう
選択の問題なんじゃないかな。
 
子どもさんに選択権はないのでね。
あまりひとつの考えに縛られていないほうがいいかな。
そんなふうに思います。
 

【子育てで意見が衝突】

子どもの問題は夫婦問題になっていくことが
よくあります。
子育てのことで。
進学のこととか。
 
私立に進学させるか公立かに始まり。
勉強のさせ方とか。
 
それだけではなくて、
子どものしつけのこととか、
些細な子育ての日常的なこと。
 
そもそも夫婦であっても価値観や
育った環境が違うので、
同じであるはずがなくて。
それを同じでなきゃいけないというのが
無理な話ではないか、と思います。
 
これが正解とか
これが正しいということはないので、
ベストはないんですね。
 
父親の価値観だったり
母親の価値観だったりを
自然な形で学ぶと言うか、知っていくと言うか、
それが一番現実的な子どもへの接し方
なのではないかなと思います。
 
怒るポイントみたいなのも
違って当然だし、
子どもは自分の親に対して、
まずはどんな人か学習しているんだと思います。
 
お父さんはこういうときは怒る、とか、
お母さんにはこう接しようとか。
子どもだっていろいろ考えているんじゃないでしょうか。
 
社会に出たら、それこそいろんな人がいて、
いろんなことを言うわけで、
家のなかで父親と母親が同じことを言っていたとしたら、
それしか知らないということになってしまい、
かえって不幸なことかもしれません。
 
人によって接し方を変えたり、
合わせていくことができる方が
ずっと後々生きやすくなるんじゃないかな。
 
どうしてもお母さんが主体になることが多いので、
お母さんのやり方というのが家庭では主流に
なりますけれど、
時には、この場面ではお父さん主導というのが
あってもいいと思うし、
お互いにその場を譲るというか、
相手をリスペクトするっていうのは大事。
 
もし相手が子どもに接しているところで
疑問に思ったり、違う意見を持っているとしたら
後で聞いてみるといいと思います。
それとともに自分はこう思うんだけど、と
伝えてみるといいかもね。
 
子どもの前でダメ出ししたりするのは
子どもにとっては結果いいこととは言えないので。
ただ、委縮させてしまうことになりかねません。
 
子育てで大事なのは、
家庭という最小単位の中で
社会に出て行くときの少しでも
シュミレーションだったり、
窓口になることじゃないかと思います。