夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【男女の違い】
【自分を信じられる】
【浮気したけど反省? 】
【何を考えているのか】
【もう謝らない】

最も人気の高い記事

【男女の違い】
【自分を信じられる】
【浮気したけど反省? 】
【何を考えているのか】
【もう謝らない】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

浮気問題

【浮気したけど反省? 】

浮気した夫が未練タラタラに反省の弁を述べ
家庭が大事だった、妻が大事だったと言われたところで、
離婚を決意した妻の心には何も響きません。
 
決意していない人の心には響くのかもしれませんけれどね。
 
むしろ突っ込みどころ満載で、
そんなに家庭が大事ならなぜ止めなかったのだ。
なぜだらだらと続けていたのだ。
 
今更、そんな反省の弁を聞いたところで、
何にもなりません。
 
もうとっくに答えが出ているので。
 
反省の弁で答えがひっくり返ることはありません。
 
決意ができた人は。
 
あなたといても何のメリットも、
何の幸せもよりよい未来も見えなくなったから離婚です。
 
反省の弁など聞いたところで、
何もできないし、何も心は動かいないってことです。
自分が見えている人は。
 
苦労があったとしても離婚した方がまし、
ということが見えたからの離婚なのです。
 
反省の弁を述べる側は
反省すればなんとかなると思っているのか、
希望的観測なのか、
よほどポジティブなのか。
 
だけど、離婚を決意した人は、
そんな反省の弁で迷ったりはしません。
だってそれまでさんざん悩んだのですから。
もう終わりです。
 
まあ、反省するだけマシというほどの件もありますけれどね。
反省すらなく、浮気したのはおまえのせい、ぐらいのことを
言ってのける人もいますので、
そんなことを言う人と付き合っていると
なんだかおかしなことになってきます。
何が中心軸がわからなくなっていきますから。
もうぐちゃぐちゃ。
 
で、結局わけがわからなくなり、
元の木阿弥・・・みたいな。
 
物事はなるべくシンプルに考えていくように
した方がはっきりして精査して
答えを見つけていかれます。
 
 

【逆ギレ】

逆ギレで浮気に気づくということは
よくあります。
 
別にそんなつもりで言ったわけではないのに、
逆ギレされて「おかしいな」と気づく。
 
というか過剰反応なわけです。
浮気している側の。
 
だって逆ギレするってことは
言われたくないとか、
やましいとか、そういうことがあるから
逆ギレするわけです。
 
逆ギレして黙らせたい。
 
素直な人はそのとおりに黙ってしまいます。
怒らせてしまったって。
 
だけど、そもそも怒るようなところではないところで
怒ることがおかしいので、
その態度事態がアウトでしょ! ってことです。
 
帰りが遅いのね、と言っただけで
過剰に怒るとか。
言い訳が始まるとか。
 
言い訳が長々だったり
あまりにも用意周到だったりするのも
やっぱり怪しい。
 
その辺の見極めって難しいですけれど、
 
なんとなく違和感ってあるはずです。
なんだか変!? って
そういう感覚は大事にしたほうがいいかと思います。
 
だって本来はキレられるところではないところで
キレられるわけだから。
なんだか変なはずなんですよ。
キレられた側も。
 
勘のいい人はピンときます。
 

【何をしていたんだろう】

皆既月食見ましたか?
東京はとてもきれいに見ることができました。
スーパーブルーブラッドムーンだとか!?
大きいし赤くて神秘的でした。
スーパームーンが今月は2回!
というのもすごいなぁ、と思いませんか?
 
不倫とか浮気って、
問題がわかって、そのさなかは
そのこと自体がつらいことなのですが、
結局のところ、そのことをきっかけに
相手の意外な面を見ることになったり、
嘘だったことがわかることで
夫婦は崩壊していくのではないでしょうか。
 
本当の崩壊というのは、
人ととして起きているのではないか、
と思うんです。
 
根底にあると思っていたものが
なくなってしまった感じと言いましょうか。
簡単に言うと信頼なんでしょうけれど、
信頼だけではなく、
なんていうのかなぁ、
人としてその後、付き合っていくのがしんどくなる。
それが身近な人だからなおさら。
といった感じでしょうか。
 
不倫は終わっている。
過去のことになっている。
だけど、その経緯の中で
夫婦ってほんとに崩壊を始めているんだと思います。
 
それは引き返すことができない崩壊。
 
何か見てしまった。
見たくないものを。
見てしまったものはないことにはできない。
 
だから、別の道を行くってことじゃないかな、
と思います。
 
痛みって不倫そのものよりも
望んでもいないものを見ざるを得なかった
ということなんじゃないでしょうか。
哀しいですよね。
相手に対してというよりも自分に対して。
 
何をしていたんだろう、私は、って。
たぶん。
 

【言葉の軽さ】

また東京今週は雪が降るとか!?
いや~、参るなぁ。
カチカチのところがあるので
さらに降っちゃうのか~。
憂鬱。
 
浮気しているのに、それを認めない。
証拠があっても認めない。
 
「一線は越えていない」は
言い訳のテッパンです。
 
ていうか、自己申告はどうでもいい。
 
だって浮気していた時点で
ずっと隠していたか
嘘をついていたってことで。
 
そんな人に聞いたことが信じられるわけもなく、
ほんとのことを言うとも思えず。
 
だけどなぜか聞きたがります。
 
ほんとのことを聞きたい、と。
 
言う人もいますけれどね。
 
言わない人が圧倒的です。
 
そして、聞いてどうするのか?
の方が大事だったりしますし、
聞いたところで、本人から。
 
その聞いたことに翻弄されてしまうと
疲れるだけですので、
自分で判断する、というのが
最も効率がよく、
最も自分の答えになるのではないか、と思います。
 
聞くのはある意味、無駄、というときがあります。
聞いてどうするの?
と思うんですよ。
 
こんなときは言葉なんて、
なんて軽いのでしょうか。
 
言葉より、もっと真実に近いところを見ていくしか
ないのてはないかな、と思うんですよ。
嘘をついている人の言葉は、
ほんとに軽々しいです。

【まだ続いていた】

お正月太り~なんて方はいませんか~?
おいしいものがたくさん、でしたから
ついつい油断して太ってしまう!
そろそろダイエットモードにしないと、などと思います。
 
浮気問題はいろいろとありますけれど、
別れたと言っておきながら、
まだ続いていた・・・・
ということはよくよくあります。
 
ほんとによく。
 
残念なことですが。
 
別れたと言いつつ、
やはり水面下では続いている。
 
そしてバレちゃうわけですけれどね。
 
されている側としては
そりゃあ最初のときはショックです。
落ち込むし、もがき苦しむし。
 
だけど、人って耐性ができるというか、
抗体ができるというか、
一度乗り越えると次に同じことが起きても
それほどの衝撃を受けなかったりします。
 
それよりも、怒り、なのか
その間の苦しい思いの反動とでもいうのか、
かなりマグマのエネルギーは溜まっています。
はい、かなり。
 
ですので、まだ浮気が続いていたという場合、
相当な修羅場。
今まで抑えていたエネルギーが爆発するんでしょうね。
それに意外と冷静でクールですしね。
二度目ともなると受ける側は。
 
やっている側はお花畑にいるのか、
バレないと思っているのか、
一度目が許されているので、
再び許されると思うのか?
いずれかはわかりませんが、
今後展開される修羅場は予想していないようです。
 
さて、どうしてくれようか。
さてさて、どのようにこの問題、処理していくか。
反撃の時間です。