夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

自分の守り方

【怒りの矛先】

夫婦問題や離婚問題が起きて
とくに理不尽な形で問題となると
怒りがいつまでも収まらない、という人がいます。
 
思い出しては怒りがわいてくる。
ふつふつとわいてくる。
ときには関係のないことも相手のせいに思えてきたり。
そこに結びつけてしまったり。
 
怒りって結局のところ自分を焼き尽くす。
みたいなところがあるのでほどほどにしないと、
あまりいいことはないです。
 
怒りがわいてくることのひとつに
他者に判断や価値基準があると
怒りがふつふつわいてくるように思います。
 
自分がこれでいいと思えない。
人の評価や判断や価値観が
どこかで気になっている。
つまりはどこかで自信がない。
 
怒りがわくひとつには
そんなことがあるように思います。
 
身近な人にほど怒りがわくものです。
手放せないで、その怒りにとらわれてしまう。
で結局自分を焼き尽くすようなものです。
 
「わかって」「愛して」「大事にして」
そんなふうに思う人にこそ
怒りはわきやすいです。
 
怒りがわいてきたときに
それに身を任せしまうと
とめどもなくなります。
ですけど「ちょっと待て」と
自分にストップをかけてみると
意外と冷静な自分になれます。
 
怒りがいけないなんてことはなくて、
怒る場面ではしっかり怒ることは大事です。
だけど怒りを抱えて反芻したり増幅するのは
何のいいこともありませんねぇ。
どこにも。
 
それと自分を変えていかれない人も
怒りにとらわれやすいです。
 
変わろうと思っていないし、
変えようという行動もしない。
 
むしろおかしな行動をしてしまうことが多いです。
でますますその怒りは行き場を失い
ため込むことになります。
ただただひたすらためる。
 
なんでこんなに怒りがわくのだろうか?
ということに対して疑問を持ってみてください。
たぶんどこかにつまづいていることに気づくから。
 
クールな怒りと結果として
自分に向かってしまう怒りがあります。
クールな怒りはとても冷静でじつは。
切り口が鋭いです。
ですが、自分に向かってしまう怒りは、
ほんと、扱いずらいし、何にもなりません。

【切り替え上手】

もう台風ですね。
早いですね。
梅雨入りしたと思ったら台風。
ついていくのが大変。
 
日々、いろんなことがあって、
昨日は晴れていたと思ったら
今日は雨なんてざらなことで。
わかっているけれど
なかなかそこについていかれなかったりします。
 
だけど切り替えが上手になると
けっこう軽々とそんなことも乗り越えていかれます。
 
子どもって切り替えが上手でしょう。
今泣いていたのに、次の瞬間には笑っていたりする。
そうやって悲しい気持ちを引きずらないっていうのは
大事というか、生きててラク。
 
だってさっきは悲しかったのに、
もう笑っていられるってさ。
 
4歳の孫なんて、さっき大泣きしていたのに
好きなものが出てきたらもうにこにこしている。
小学生の孫だってそんな感じ。
疲れた~と言いながら
次には興味のあるもので楽しそうに遊んでいたり。
いや、その変身ぶりというか、
切り替えぶりには脱帽。
 
子どもゆえということがあったとしても
大人だって時には
見習ってみてもいいんじゃないと思います。
 
悲しかったけれど、
もう笑っている、とかさ。
ていうか、次の楽しいことをもう探している。
 
切り替え上手は生きやすい。
 
もしかしてね。
もしかしてだけれど、切り替えられない
自分がいたら、それだけ老化なのか?
と疑ってみるといいかもね。
 
悲しいこともあれば
辛いこともあるし、
だけど楽しいこともあるはずで、
それが見つけられていないだけじゃない。
もしかしたら。
 
嫌なことがあったしても
誰かといるときは、それは別問題だったりするわけで
ずるずる引きずっちゃうのはよくない
のはわかっているけど引きずる。
だったら止めてみればいい。
止められないのは自分に甘いからかもしれないし、
周りに甘えているのかもしれないし。
止めようと思っていないからかもしれないし。
 
切り替えが上手だと
何よりも自分があなたがご機嫌な時間が
増えるということなのでは、と思うのです。
 
時間は同じ。
だれにも等しいので。
だとしたらごきげんな時間が長いほうが
幸せ、というのではないでしょう。
 
嫌なことはあるのが当たり前だから
いかに切り替えられるか。
 

【やり直し】


日大アメフト部の学生さんの会見を見ていて、
なんだか複雑な気持ち。
若い人がこんな経験・・・したくなかっただろうな、
怪我した学生さんはもちろんのこと。
しかも大好きなスポーツのことで。
大人がしっかりしないといけないな・・・と
わが身もふり返りつつ、
何を守るのかを見失うと
とんでもない未来へ負の遺産を背負わせ
道を迷わせてしまいますね。
 
「こんな笑顔でいられる日が来るなんて」と
その方は言いました。
わずかに3か月でした。
初めてお目にかかって。
 
プツリと何かが終わり、
再生した自分に出会ったようでした。
 
夫婦問題があり、
表面上の問題がなくなったわけでも
状況が変わったわけでもないのですが、
ご本人の心の問題。
 
晴れ晴れとして、というのが
最もピッタリとした表現なのかな。
 
「何を悩んでくよくよとしていたのだろうと思えます」
 
そうはっきりとおっしゃって。
 
おそらく、その人の今ある問題の本質が見えた。
自分でつかめたのだろう、と思います。
 
別の言い方をすると
自分の中での答えがわかった。
 
悩んだ末です。
 
そして福祉のお仕事をしているのですが、
「本当にこの仕事が大好きなんです」と
その瞳は一段と輝いています。
 
よかったねぇ~、ほんとに。
 
問題があったとしても
解決なんてしていなかったとしても、
自分の進む道が見えた人は
迷いがなくて、何をすべきがまっすぐにわかって、
しがらみを1枚ずつ脱いでいきます。
 
だから心が軽くなる。
フットワークも軽くなる。
いらないものは脱ぎ捨てていいんじゃない。
 
かの日大の学生さんも
さぞやいろんなしがらみが重くて、
なんだか居心地が悪かったんじゃないでしょうか。
だから何を言われようとも、
批判も含めて自分の進む方へと
歩みを進めたのではないか、と
思えるのですが。
 
自分の人生に対しての真摯に向き合うと
ときに痛みがあることがあるのかもしれないけれど、
それでも自分に対して嘘はつきたくない
ということなのではないかなぁ。
 
平気で嘘をついている人は
そんなわけにはいきませんけれど。
 
自分を大切にできる人はたぶん。
そして、自分を大切にできない人は
他者を大切になんてできないのではないか、
とも思うんです。
 
大切にするというのは
人生を丁寧に進むということかな。
いいかげんにしていいことと
してはいけないことの違いがわかる。
間違えがあれば、反省してもう一度出直してみる。
だれだって間違えるのですから。
間違えたら今一度正してみればいいではないですか。

【いいかげんがいい加減】

先日来での寒さで体調が崩れてしまった!
という方がたくさんいます。
10度以上の気温の変化は体に堪えるので
自律神経がついていかないみたいです。
 
気温の変化もストレスのひとつですが、
ストレスというのは病気の原因になることは
皆さんもご存じの通り。
 
ストレスのひとつに「怒り」もあります。
夫婦問題が起こると怒りが収まらない、という方がいます。
怒ると交感神経が優位になるので、
血管がギュッと収縮して血液がドロドロになります。
けっこう怖いです。
 
怒りだけでなく不安や悲しみや憎しみは
といったネガティブな感情は
緊張状態をもたらします。
必要以上の緊張は体に変調をきたします。
 
気温が変調をもたらすのと同じです。
心が変調をもたらすこともあるのです。
いろいろなことで変調はもたらされます。
 
ちょっといいかげんだとラクになります。
絶対にあきらめないとか、
頑張り過ぎると、
なんだかおかしなことになるのです。
現状と心身が。
頑張るだけ頑張ってみよう、くらいがいいのかも。
 
そのくらい力を抜くことは難しいことですが、
少なくとも抜くようにしてみる。
そうしないとずっと緊張状態を強いられて
最終的にはボロボロで
どうなっているのかさえわからなくなるからです。
 
難しいことですよ、はっきりいって。
いろんな面からアプローチしないとでません。
 
ただ、言えることは絶対あきらめない、は、
むしろ自分にダメージになっていることも多いんです。

【リセット】

いよいよ、連休もラスト1日。
はぁ~、やれやれと思ったり。
ああ、仕事と思ったり、でしょうか。
ちょっと海に出かけたり、
近場でちょいちょい気晴らししました。
青い空を見ているとなんだか晴れ晴れとして。
よいリフレッシュでした。
 
何か自分をリセットできる方法って持っていますか。
ここに来ればリセットできるとか。
これをすればリセットできるとか。
 
なんとなーくでもいいのですが、
そういう方法を持っていると楽ですよ。
 
いろんなことがあっても
ちゃんと自分に戻ってこられると言うのでしょうか。
 
そう思っているとだんだん身に着くと思います。
 
ああ、これが自分にとっての大事な方法、と。
 
皮って言ったって全ん全ok。
 
ある人は家事をやっていると楽しくて、と言います。
いやいややる家事ではなく、
どうやったらより快適に暮らせるかと思いながら
する家事は楽しいものです。
やってもきりがないしね、と言います。
 
ある人は散歩をすると
なんだかホッとするそうです。
道に生えている草花を見て、
風に吹かれていると
なんだかホッとするそうです。
 
ある人はおいしいものを食べているときが
至福といいます。
何も考えずに「おいしい~」って
思えるのだとか。
 
そんなちょっとしたことで十分。
 
特別なことでなくてもいいので、
自分が集中できるというか、
逆に空っぽになれるというか。
 
とにかく一旦リセット状態になれて、
再起動できる。
そんな方法を持ってみてくださいね。
 
どんな方法でもいいです。
自分だけの方法。
 
なかなか見つからないかもしれないけれど、
見つけてみてください。
 
すご~く楽になります。
 
私のリセットは
一番は寝ること。
寝るのが大好き。
寝ないとダメ。
そして、ヨガかストレッチ。
疲れたときほどすき間の時間でメンテナンスします。
 
しばし、自分の体の声に耳を傾けます。
そうすると空っぽになれて、
なんだかスッキリします。
たまに、ちょっとハードなトレーニングをして、
刺激を与えます。
 
そうやって、自分にいろいろと
お試しをして楽しんでいます。
おお! そうか! なんて
あらためて発見したりすることもあって。
なかなか楽しいです。