夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

自分の守り方

【もう責めるのは止める】

GWですね、いよいよ。
夫婦問題が起きていると憂鬱だったりもします。
楽しいばかりではすみません。
 
GW前の今日はいろいろなことがありました。
不貞している妻に離婚を言い渡す人。
やはり不貞している妻が不貞相手と旅行を計画
している疑いのある人。
やはり不貞している妻が、
相変わらず不貞を継続していることがわかった人。
別居を決めた妻。
う~ん。
みんな悩ましいです。
 
悩んでいます。
決して割り切れるようなことばかりではなく、
悩みながら、その中でも手探りで進んでいく、
そんな気持ちです。
 
ある相談者の妻は、夫から離婚を迫られ別居が続き、
ずっと悩んでいました。
離婚した方がいいのか、
子どものために離婚しないほうがいいのか。
 
だけど、つい近日、前へ進むことを決めました。
「自分のことも、夫のことも、
もう責めるのはやめようと思います」と――。
 
とことん考え、とことんまでいったのだと思います。
手探り手探りは
いつかそんなとことん自分の答えにたどりつきます。
自分なりの答えです。
ひとつも同じものはありません。
それでいいのだと思います。
 
あなたのやり方、
あなたの方法で、
あなたの答えを導き出してほしいと思っています。
 
どうか、焦らず少しでも楽しく過ごせる休日を
過ごしてください。
考えるのを止めて
ゆっくり休むことも必要なときがあります。

【歪んだ関係】

今年は雨が極端に少ないらしいですね。
すでに水不足が心配されているそうです。
でも、この冬は雪がたくさん降ったので、
雪解けの頃には解消されるのかなぁ、と思います。
 
ある妻は相談にいらしたときは
うつの状態でした。
お薬も飲んでいました。
 
夫から離婚してほしいと言われての
ご相談でしたが、
その後、夫は勝手に別居を開始しました。
 
別居は彼女にとっては望んでいたことではありませんし
もちろん離婚も望んではいません。
 
にもかかわらず、なぜか別居したら
体調がよくなったそうです。
 
あるんですよ。
気づかないですが、体調の悪さが
相手が原因ってこと。
無自覚かもしれませんけれど。
体調に出ちゃうんでしょうね。
 
それまでネチネチと無視されていたり、
暴言を吐かれていたり、
自分勝手なことをされていたりすると
そのせいで体調が悪くなります。
 
だけど、その時点では
むしろいっしょにいる限りは
自分の結婚相手がその原因だということには
気づきません。
 
離れてみて初めて、
自分の体調がよくなることによって
原因は夫? 妻? ということに気づきます。
 
嘘みたいですが本当です。
 
体調が悪いのはいっしょに暮らす人のせいかもしれません。
知らず知らずのあいだに
自分を犠牲にしているんです。
自分の人生なのに。
それが当たり前になっているからです。
 
そして相手は、というと
相手も当たり前になっているんです。
人の人生を犠牲にすることが。
そんなアンフェアなことは長くは持つわけがありません。
 
夫婦というのはお互い様で
お互いに譲り合っているはずだし、
お互いにWINWINなはずです。
どちらか一方が、なんてあるはずがありません。
どちらかが我慢する関係は
どこかに歪みが来るものです。
 
 

【人生を取り戻す】

昨日はお雛様でしたね~。
孫娘とちらし寿司を作りました。
「今日はあなたのちらし寿司」というと
「なんで、お兄ちゃんのちらし寿司は作らないの? 」と
兄を気遣う妹です。
もちろんありますよ、でも今日はあなたが主役なの。
「なんで?なんで?」の3歳児です。
子どもって、ほんとにかわいいですね~。
 
今日は久しぶりのご相談者とお話しました。
意外と以心伝心でして、
頭をかすめるんですよね。
「どうしているかな? 」と。
そうすると連絡が来たりして、不思議なものです。
 
ずいぶん長い間、悩んで苦しんで
よく泣いていました。
とても、とてもたくさん泣いていました。
 
泣くのはいいことだと思うので、
泣くだけ泣いたらいいよ、と思っています。
ず~っと泣いていることなんてないからね。
今泣こう。
思い切り泣こうって。
 
だけど今日は今まで一番といってもいいほど明るくて、
かつての彼女とは別人のようでした。
ずいぶん長いことお話させていただいているのですが。
周囲の人にも「変わりましたね」と
言われることが増えたそうです。
 
ご自身でも「泣くと思っていた」と――。
 
何がどう変わったのか、
彼女の中で、何かが変わった。
その何かがなんであるのか、はわかりません。
だけど、見えたのだと思います。
未来が。
だから明るい。
だから涙は出ない。
 
だって明るい未来が見えたのですもの。
今は少しつらいかもしれないけれど、
きっと明日はいい日になるということが
見えたんだと思います。
 
1年後、子供の大学入学を機に家を出て、
離婚へとスタートすることに決めました。
 
ずっとずっと悩んでいたけれど、
もうそんな悩みとは決別します。
新しい人生を選びました。
よかったね~。
必ず終わりになるから、この問題。
あなたの人生を生きるために。
あなたの人生を取り戻すために。
Congratulation!!!
私もね、うれしいです!
 

【過去か未来か】

師走ですね。
あと一か月で今年も終わり・・・・
早いです、やたらと。
 
未来を見ていくか、
過去を見ていくか。
 
分かれ道です。
 
過去を見ていると
いろんなことがわいてきます。
夫婦問題が起きている夫婦なら、
当然ですがネガティブなことの方がたくさん
浮かんでくると思います。
 
離婚ならそれでいいと思います。
 
離婚する人は山盛り
そんなネガティブなことがあったからこそ離婚に至った
ということだと思います。
ポジティブなことがないから。
 
だけど修復していくときは、
ネガティブに過去を見ていくか
これから先の未来の夫婦を見ていくかで
だいぶ違いが出てきます。
 
過去を見ているといずれ夫婦は離婚に至ります。
 
だって取り戻すことはできないですからね。
そこに留まる限り未来には歩み出せないです。
明確なことでしょう。
 
過去は取り戻せない。
やり直せない。
過ぎてしまったこと。
どうにもできないです。
 
そこに留まっていても。
何も変わらないどころか、
どんどん夫婦は壊れていくのでしょう。
 
後ろを見るか前を見るかの違いです。
 
どうにもならない過去を見ても
あまり何も生まれてはこないですし
むしろいろいろな感情がわいてくるだけ。
もちろん感情は過去にあることはあるかもしれないです。
そこから離れたくても離れられないこと。
誰だってあります。
 
前を見ている人は、
その感情をそのまま置いておくとか、
そこは触らないようにするとか、
対処の仕方が上手なんでしょうかね。
 
そこにどっぷりにはならないようにする。
回避する。
そういう自分を大事にしていく術を持っているのだと思います。
 
自分で自分を傷つけても
痛いだけですから。
何も解決しません。
 
未来を見るとね。
意外といろんなことがあるんですけれどね。
今は見えないのかな。
見えないよね。
どん底だもの。
 
だけど、未来を見ようとすることの方が
過去を見ることよりはずっと大事なことだと思います。
だって未来は帰られるから。
 

【ベストコンディションで】

14日月曜日の夜はスーパームーンだそう。
しかもウルトラスーパームーン。
かなり大きな月!? ってことですけれど、
あいにく東京は夜は雨が降るらしいです。
見えたらいいですけれどねぇ。
でもお月様って下弦の細~い月でも
まん丸でも、なんだかいいものです。
 
自分の気分がいいか、悪いか?っていうのは、
意外と人間関係と密接に関係していて、
意外や意外、夫婦関係にはもっと密接に関係しています。
ふだん忘れているかもしれませんけれど。
 
自分がいかによいコンディションでいられるか、
というのは
周囲の人間関係に影響を及ぼしています。
 
案外忘れていて、
自分の気分で相手への態度が変わっていたり、
同じことでも対応が変わっていたり、
なかなかフラットでいることは難しいとは思いますけど。
でもあるんですよね、そういうこと。
 
人と人って意外とそういうところで不信感を持ったり、
ついていけなくなったりしています。
 
いかに自分をよい状態に保つかって
案外大事です。
心身含めて。
いかに快適に。
いかによいコンディションで。
いかにご機嫌に。
毎日を過ごせているか、ってこと。
 
過ごせていますか?
 
過ごすために何かしていますか?
 
どんなことがあっても
自分が戻れるところはありますか?
 
これでよし、なんて人生にはないので、
いろんな問題が起きるけど、
ちゃんと深呼吸できていますか?
 
しっかり眠れていますか?
 
どうぞ、大切に―――。
 
自分を、そしてあなたの周りにいる人たちを。