夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

どうしようもなく理不尽なこともある

青信号で道を渡っていたら、運転を誤って暴走した車が突っ込んできた。
命は助かったけれど全身傷だらけ――。
 
突然離婚問題に直面した人は、そんな状態です。
離婚を言い出されるような理由もなく、
家庭人としてやってきたはず……なのにパートナーから離婚!?
意味がわかりません。
納得もできません。
理由も理解できません。
 
もちろんパートナー側には理由はあるのだと思います。
でも、こうしたケースでは周囲の人が理由を聞いても
決定的な離婚事由があるわけでもなく
なんでそれで離婚? というような場合がほとんど。
 
そして、思ってもいない離婚という道に引きずり込まれます。
結婚も離婚も相手との同意が必要ですから、
片方が離婚したいと思ったら、
自分は離婚したいなどと思っていなくても当事者として
巻き込まれるわけです。
 
離婚で傷つかない人はいないでしょう。
言い出した側だって傷つきます。
言われた側は
突然突っ込んできた車にけがをさせられるようなものです。
交通事故と同じように、人生でそういうことがときに起きます。
 
何もルール違反をしていないのに突然、傷つけられる。
この道を歩いていたから悪いのだろうか、と
自分を選択を悔やんだりもすると思います。
傷が治るまでには時間もかかります。
 
どうしようもなく、夫婦にはそんな理不尽なことが
起きるときがあります。
夫婦カウンセラーは、そんな理不尽が起きたとき
立てる元気を取り戻すためのお手伝いをします。
ボロボロになってしまった心に元気を取り戻し
突然の不幸を乗り越え、さらに未来を見られるようになるよう
励まし続けます。