夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

夫婦円満の秘訣

 
夫婦喧嘩になると、どうも相手の地雷を踏みたくなります。
 
ここを突けば相手が逆情するであろうことをわかっていて、
 
あえて踏みたくなる。
 
 
 
でも地雷なので自分だけ無傷ということはなく、
 
いっしょに傷つき、逆上もします。
 
地雷は踏まないほうがいいと思うのですが、
 
夫婦喧嘩のときはそんな理性は働きませんね。
 
自ら相手を爆破するために踏んで自爆する――なんてことも。
 
地雷の踏み合い――なんて事態にも。
 
 
 
結婚20年以上になる、ある夫婦は喧嘩を一切しないそうです。
 
そんな夫婦もいるんですね。
 
喧嘩がどういう定義になるか、はそれぞれだと思いますが、
 
とりあえず世間一般で言う夫婦喧嘩的なことはなく、
 
20年以上も過ごしてきました。
 
 
 
「うちが夫婦喧嘩するときは離婚するとき」
 
夫も妻も口をそろえるのですから、大したものだと思います。
 
お互いに愚痴はあるのでしょうが、それも愚痴程度。
 
身の程を知っているというのか、
 
それぞれに相手に対して気に食わないところはあるのですが、
 
お互いにお互いでよかったとも思っているようです。
 
 
 
それは自分の欠点をまずは認め、相手の欠点も認識している。
 
自分だけが我慢しているのではなく、相手も我慢していることを知っている。
 
どちらかが一方的に――というのがないように思います。
 
 
 
そして、この夫婦に共通しているのは、
 
「相手の嫌がることはしない」という暗黙のルールです。
 
言葉で交わしたり、約束したりしたわけではないですが、
 
20年以上に及ぶ夫婦生活のなかで、
 
相手が何をしたら嫌か、地雷か、を探っていき、
 
その地雷を踏まないようにしている。
 
いってみればそれだけ。
 
 
 
でもそれがなかなかできない夫婦が多いから夫婦問題が起きる。
 
究極の夫婦問題の避け方は「相手の嫌がることはしない」
 
なのだなぁ、とこの夫婦から学びます。