夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【見えない相手】
【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】

最も人気の高い記事

【見えない相手】
【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

片眼をつぶって夫の、妻の、何を見る?

結婚する前は両眼で相手を見よ
結婚してからは片眼を閉じよ
 
あまりに有名な、この言葉を残したのは
イギリスの牧師だったトーマス・フラーです。
さんざん聞き覚えのあるこの言葉。
確かにね、と思わされます。
 
現実には逆のことが多いから納得するのかもしれませんけど。
 
結婚して片眼をつぶったとき、何を見るかについて考えました。
片眼をつぶって見たときにパートナーのよいところを見るか?
それとも気になるところ、いやむしろ嫌いなところを見るのか? です。
片方だけの視野でパートナーの嫌なところばかりを見たら
失望していくのは当然です。
やがて結婚生活は暗澹たるものになっていきます。
 
でも片方の眼でパートナーのよいところを見たら
結婚後もパートナーへの信頼、思いは積み重なり
厚いものになっていくのではないでしょうか。
同じ片眼で見るのなら、いい面をなるべく見るように努力したほうが
結果として自分のため、幸せなのでは、と思います。
 
それは人生を楽しくしていくための知恵。
 
トーマス・フラーはこうも
 
不幸によって磨かれる人もいれば
ダメになってしまう人もいる
 
自分次第と、いうことをフラーは言いたかったのでしょうね。