夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【サレ妻なんて言わないで】

 
80歳も近いあるご婦人。
 
若い頃、夫の不倫相手が会いたいと言ってきたそうです。
 
頭に来ていたところ実父から「会ってやりないさい」と言われました。
 
「なんで? 」と最初は思ったそうですが、
 
「悩んでいるのだろうから会っておやり」という父の言葉に背中を押され、
 
そして会ってほんとうに話だけ、ただただ聞いて帰ってきたそうです。
 
 
 
ある50代の妻。
 
夫の不倫相手からあるとき電話が来たそうです。
 
「奥さんは別れるつもりはあるんですか、別れると聞いているんですが」と
 
聞いてくる不倫相手。
 
「あなたに答えることではないし、聞かれることではありません」
 
そしてさらに
 
「自分の選択で夫おつき合いしているのでしょうから、夫よく話してみてください。
 
そして、家に電話してくるような自分を蔑むようなことはやめたらどうですか。
 
今度したら、次は私が許しません」
 
そう言ったそうです。
 
 
 
さて、2人の妻の夫たち、なぜかその後、浮気話は立ち消えたそうです。
 
 
 
これが解決策というわけではないかもしれません。
 
 
 
でも妻と愛人のあいだには大きなボーダーがあります。
 
もうこの差はとてつもなく大きい。
 
浮気されている人はしばし、それを忘れています。
 
稀にこのふたりの妻のようにずうずうしい愛人に巡り合うこともあります。
 
 
 
でもサレ妻なんて言って弱っている場合ではないです。
 
どっちが悪いって浮気している方が悪いに決まっているんですから。
 
 
 
あなたがダメな妻で浮気されたとか……
 
(その妻選んだのは夫だし)
 
女としての魅力がないから浮気されたとか……
 
(ビョ―キみたいに浮気する夫もいるし)
 
家庭がおもしろくないから浮気されたとか……
 
(妻の責任は半分だし)
 
 
 
いろいろ考えないで、ネガティブはこの際、捨て去って手ばなして葬り去りましょう。
 
 
 
妻という立場、妻という自覚を取り戻してください。
 
正々堂々していていいんです。
 
浮気しているのはあなたのせいではありませんから。
 
 
 
もう一度言いたいと思います。
 
妻と愛人のあいだにはとてつもなく大きなボーダーがあります。
 
夫という男をはさんで愛情のとりっこではなく、
 
社会的立場として大きな大きな隔たりがあります。
 
 
 
そこを忘れないで!
 
「愛人として」というのはたくさんいるかもしれませんが、
 
「妻として」と言えるのは世界中でもたったひとりです。