夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

最も人気の高い記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

ふたりだから、よけいに寂しいときがある

 
夫婦カウンセラーの立木ミサです。
 
 
 
夫婦のあいだに溝ができたとき、
 
結婚しているがゆえに
 
孤独になるということはないでしょうか。
 
 
 
夫婦という何事も分かち合う相手と
 
心が通じない。
 
だから孤独感を感じる。
 
もしもひとりだったら、
 
孤独を感じることはないのかもしれません。
 
 
 
家族や夫婦といった、身近な人と
 
コミュニケーションができないというのは
 
よけいに寂しいものです。
 
 
 
ほんとうは結婚していようがいなくても
 
人は孤独なものなのですが、
 
夫婦のあいだで心通じないと
 
余計に孤独感、寂しさを感じます。
 
 
 
同じ孤独なのに寂しさはより強く感じる。
 
それはひとりではなく
 
ふたりなのにひとりだからなのだと思います。
 
 
 
最初からひとりだったら、
 
ひとりであることは、それ以上でも以下でもない。
 
でも肩を寄せ合えるはずの相手と
 
背中合わせは孤独です。
 
 
 
ふたりだから孤独になる。
 
夫婦の持つある一面ではないか、と思います。