夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫を主夫に育てるコツ】

家庭のなかでおこなわれている
介護や家事、育児といった家事を貨幣換算すると
推計で約138兆5000億円になるそうです。
21日に内閣府から発表されていました。

すごい金額です。
GDP(国内総生産)にすると約3割に当たるとか!?
その担い手のほとんどは女性、というのが現実だそうです。
男性が家事に費やす平均時間は1日当たり1時間7分で
先進諸国の半分以下だとか!?
ちよっとトホホな結果です。

家事は苦手というか、女性のやるものと思っている男性
まだ多いのでしょうかね。
女性の側も自分がやるものと
思っているところもあるのかもしれませんが、
やっぱりこれからは男性も
どんどん参加してもらいたいものだな、と思います。

夫が家事や育児を手伝ってくれないという
夫婦の悩みも多いです。
どうやったら手伝ってくれるのだろうか? というのも。

今までやっていない夫が
手伝ってくれたときは感謝、感謝、感謝すること。
「なんで私だけが毎日毎日やっているのに
たまにやってくれたからって感謝しなきゃいけないの」
「やってあたりまえでしょう」
そう言いたい気持ち、よくわかります。
私も内心では同感です。

ただ、男性がこれまでしていない(夫だとしたら)
家事をするのは女性がやるよりは
相当苦労があるんだと思います。
‘はじめてのおつかい’ぐらい思ってあげる余裕を持つと
いいんじゃないでしょうか。

なんていっても主婦は家事のプロです。
苦手な人もいるかもしれませんけれど、
ある程度の月日やっていればそれなりに
うまくやれるようになるはずです。
そんなプロから見たら掃除も洗濯も食事の支度も
うまくできなくても仕方ない、と思って見守るつもりで。

けっこう妻に怒られて手伝うのをやめてしまう人も
多いみたいです。
ほめられたり感謝されたら
うれしくなってやってくれるかもしれませんし、
そうするうちに家事の楽しさだってわかってくるかもしれません。
立派な主夫になるまでには時間もかかりますから。
とくに男性はほめられると頑張るんじゃないかと思います。

はじめは少しだけ多めに見て
ほめて育てるつもりで上手に家事参画してもらいましょう。
男性も家事をするのが当然になることは
すごくほんとうはメリットも多いことがあはずです。

孫は男の子ですが、
これからは家事のできる男でなくちゃ、と密かに思っているので
いっしょに掃除機かけたり
拭き掃除をしたりしているのですが、
けっこう楽しそうにやってくれます。
先日、細かいゴミがちらかったら
テーブル用のブラシとチリトリを自分でもってきて
ゴミを集めて捨てていました。
ものすごくほめたらとてもうれしそうでした。
家事も早期教育ですo(^-^)o

ちなみに最近、妻の食事がまずいと悩む男性も多いようですよ。