夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【見えない相手】
【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】

最も人気の高い記事

【見えない相手】
【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦問題とからだの関係】

まずいです!!
始まっちゃいました、ウィンブルドン!!
テニスが好きというよりウィンブルドンが好きで
もともと夜型がさらに夜型に・・・悩ましいですが、
ウィンブルドン開催中は寝不足覚悟です~。
昨夜は早速、ロジャー・フェデラー(スイス)の試合。
ウィンブルドン最多で史上初の7回優勝のフェデラー。
最強の選手といわれるだけに安定したプレーで初戦突破です。
頑張れ!!

アスリート達を見ていると
年齢に不釣り合いな(失礼! )精神力を持っています。
これは何かな~、とときどき思います。
20代なのに哲学者ではないかという言葉を発したり、
負けても勝っても素晴らしいコメントを残したり。
もちろんプレー中にも精神力がものをいうときがあります。

たびたび書いていますが
(宣言しておきます、今後もしつこく書くつもりですが)
これは肉体への自信が大きいのだと思います。
自分のからだを信じていること。
だからココロ、精神力もついてくるのではないかと。

高齢者になって自分のからだの
あちこちに痛いところがあったり、
今までのように自分のからだを動かせなくなると
自分のことでいっぱいいっぱいになってきます。
そうすると今まで持てた思いやりとか
他者への思いどころではなくなり、
自分のことで精いっぱいになってきます。
歩くのひとつだって転ばないように注意しなければなりません。
若い頃はそんなことは考えたこともないはずです。
ストレスだって相当なものです。

カウンセリングをしていて一番感じるのは
ご相談者はココロが折れそうなほど弱っているということ。
ときには折れてしまっている方もいます。
そんな方に「運動してからだを鍛えましょう」と言っても
飛躍してしまって、なかなか理解するのは難しいと思います。
なのでここでお話しようと思いますが、
じつはココロを鍛えるなんてできないのです。

弱ったココロを強くするには
からだを鍛えて強くなることが近道です。

運動は嫌いという方もいるので仕方ないな・・・とは
思っているのですが、
じつは私は夫婦問題が起きたときこそ運動をして、
からだを動かしてほしいと思っています。

最初は何か興味が持てそうだとか、
これならできそうだというようなものでいいです。
そのうち自分に合っているのかどうか、
また自分がどんな運動が好きかというのがわかってきます。

どんなことでもいいので、運動してからだを鍛えてみてください。
自分のなかに自信が取り戻せます。
そう自信が。
それがとても問題解決には大切なことなんです。

だって自信がついてくると考え方が変わってきます。
うまくいっていない夫や妻の顔色を見ることも少なくなります。
「私だってできる! 」という妙な自信がわいてきます。
自分は自分だ、という安定感が生まれてきます。
(そうフェデラーのあの安定感です! )
それは自分の肉体へ目を向け
積み重ねでしか手に入れることのできない
自分への信頼感なのかもしれません。

実際肉体的にも運動したあとはリラックス効果や
血液がめぐること、リンパの流れがよくなって代謝もよくなること
さまざまなからだの変化をもたらしてくれます。
血液の流れがよくなると脳は冴えてきます。
つまり思考のキレがよくなります。
考えても出なかった答えがポン! と出たりします。
運動して体温が一旦上がると今度は下がり始めますが、
そのときには眠くなります。
つまり不眠の悩みからも解放されます。

ね、いいことばかりなんです。
だから問題があるときこそ、からだを鍛える。
こんな提案をしている夫婦カウンセラーは私ぐらいだと思いますが、
それが私が発見したメソッドでもあります。
自分でも体験済みです。

夫婦問題では体調崩しがちです。

嘘だ~、と思っていもいいです。
一度信じて試してみてください。
何かが変わるはずです。
少なくとも思考だけしているときよりは変わるはずです。