夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【認めてほしい夫という存在】

30代の男性に男・夫ゴコロを聞いてみました。

「家に帰ってきて妻がどうでもいいかっこうをして
ゴロンと横になったまま‘おかえり’なんて言われて
すね毛でも生えてたもんなら、ほんとにゲンナリです」

妻の皆さん知ってました?

「別に妻を愛していないとかいうわけではないんですよ。
でも一生懸命働いて家で待っているのがそんな女だったら、
ほんとはっきりいって人生なんなんだ、
という気になるんですよね」

毎日の生活だから。
子どもがいるから。
私も仕事があるし。
夫婦だから見せている姿なのにetc

妻のほうにも事情はいろいろあるのですが、
あったとしても、夫はそう感じるらしいです。

男性は自尊心も強いし、認めてもらいたいと思っています。
家庭のなかで軽んじられた存在になると
家族のために頑張ろう、というやる気を失います。

家庭のなかでの存在価値を高めることで
夫は頑張ることができる存在だからです。

女性の方は認めてくれるとか認めないとかよりも
家庭においてやるべきことがあるからやる。
そんな意識ではないでしょうか。
認めてくれる人がいなくてもできるんですね。
家庭でしなければいけない役割を。

つい自分と同じつもりで夫がしていることも当然。
私は私でやっているし。
そんな気持ちになっていると思います。
それはそれでわかるんですけれどね。

でもじつは夫はもっと認めてほしいと
思っているようですよ。

「なんで? 」と言われれば
男だからとしか言いようがないのですが。
同じことをしても自尊心をくすぐられるような言葉をかけられると
自分の存在価値を確認できるのではないかな、と思います。

夫婦問題が起きているご夫婦の話しを聞くと
問題が起きているので円満とはいえない状態ですが
自分の意思に反していても家事や育児を手伝ってくれたりしたら
もう少し夫に「お疲れ様」とか
「ありがとう」とか言ってみましょうよ。

そう提案しても「それが言えないんですよ」と
言う妻が多いです。
気持ちはわかるんですよ、私も。
むしろ「なんでやってくれないの」と
思っているところさえあるのですから。

でも円満な夫婦になりたいと思ったら、
一度でいいのでチャレンジしてみてください。
今まで認めてこなかった夫の行動や態度、
子育てや家事を手伝ってくれたときに
ちょっといつもよりオーバーに認めてみること。

意外な反応が返ってくることもあると思います。

それと、これも女性から見ると意外なんですが、
妻にはいつまでも女であってほしい、と思っている男性も
多いと思います。

自分はパンツ一枚で家の中を歩いているくせに!?
なんですけれどね。
これは不公平とかいうことではなく、
性差なのだと思います。

けっこう息子と娘では母親の対応も違ったりするはずです。
無意識にそうしているはずなんですが、
相手が夫となると、どうもその意識は飛びがちです。