夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦はわかり合えないという前提】

夫婦だからあうんの呼吸。
夫婦だから何を考えているかわかる。
これは幻想かもしれませんね。
もしくは、そうであったらいいな、という希望的観測。

夫婦がお互いにわからなくなっている。
迷子になってしまったようなとき、
さんざん言われていることですが、
コミュニケーションが足りていないというか
円滑にいっていないことが原因にあります。

コミュニケーションの基本のきは
相手とはわかり合えない、という前提に立つことだと思います。

夫婦だからわかり合える。
ではなく
夫婦だってわかり合えない。

生活をいっしょにしていると共感するところが似ていたり
好き嫌いが似ていたりすると思います。
でもじつのところ相手が考えていることは
わからないものです。
とくに夫婦間で何かぎくしゃくとしているときは
なおさらです。

「わからない」という前提に立って
相手とコミュニケーションをしようとするとき
大切なのが観察する目です。
どんな人なのか? 何を考えているのか? ということを。

コミュニケーションというと
自分をわかってもらうためのもの
ととらえがちですが、
じつは相手を理解するためのものと
考えてみてください。

相手を理解できれば最も伝わりやすい伝え方で
言いたいことや理解してもらいたいことを
伝えることができます。
それには「私をわかって」ありき、ではなく
まずは相手がどんな人かを知らなければならない。
それには観察。

言った言葉や内容ではなく、
どんなパターンでコミュニケーションをとる人なのか、
というのをこちらが先につかんでおけば
その人に合わせたコミュニケーションをとることができます。

コミュニケーション能力というと会話術であったり
伝え上手であったり、技術のように思われるかもしれませんが、
じつは観察する能力が最も求められるものだと思います。

しかも人は常に変化しているものなので、
「こうだから」と決めつけてもうまくは行きません。
柔軟に対応して、今、目の前の人が何を考えているのか
を探し当てていくのは観察するしかないんです。

なんでこんなことを言うのかな?
なんでこんなことをするのかな?
そういう視点で相手を見てみると、
その行動・言動の向こう側にあるものが見えてきます。

夫婦だから一心同体、なんてなんて、無理な話です。
親だって兄弟だって我が子だって無理な話です。
しょせん自分以外は自分とは違う人間です。
考え方も表現も違うのがあたりまえです。

違うからコミュニケーションが必要になってくる。
コミュニケーションがうまくいかないとすれ違ってくる。
まずは観察する力を見書聖手ください。
そうしたらコミュニケーションが少し円滑になると思います。