夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦の会話を増やすコツ】

どうも夫婦がすれ違う、というのは
会話がなくなるあたりから実感となってきませんか?
あれ!? そういえば、最近ロクに夫と(妻と)会話がない!?
そんなふうに気づいたときには
すでに夫婦の距離はガッと広がっている。

でも、その時点で気づけばまだ大丈夫です。
微修正、微修正。
ちょこっとずつ修正していきましょう。

もし夫婦の会話がないな~、ということでぎくしゃくを感じていたら
まずは相手の言い分、言っていることを聞くことから。
だいたい会話がなくなっていると相手の考えていることは
わかっているつもりになっているだけで
わかっていないことがほとんどです。

ある70代のご夫婦。
妻は日頃から夫への不満を口にはしているのですが、
夫の耳にはまったく届かず。
妻も面と向かって言っているわけではないので、
夫はときどき何か言われても「何か言ってる」ぐらいにスルー。

夫は自分たちはココロが通い合い、
長年連れ添ったお手本のような夫婦だ、と思っていました。
一方、妻の言い分を聞くと不満の宝箱を
開けたがごとく、出るわ出るわ夫への不満、不服。
「私の人生こんなはずではなかった」とまで。

なんでこんなにも距離ができてしまったのだろう・・・。
やっぱりコミュニケーションが
まったくなかったことが原因です。
日常の「飯」とか「風呂」とかいった会話はあっても
相手の「気持ち」を聞く会話が、
この夫婦には欠落していました。
夫は全く妻のそんな気持ちを知らなかったと言いました。

「それでどう思うの?」
「それでどうしたいの? 」
「それでどう感じているの? 」
そんな、相手の気持ちに気づくための会話がない
夫婦の距離は広がり
お互いがまったく違う方向を見ている、なんてことも。

相手の言い分。
考え。
思い。
気持ち。
そんなものをちゃんと聞いてみましょう。

恋愛中はあんなに相手の考えていることが知りたかったのに
今は知ろうともしなかった、としたら
変わってしまったのは相手だけでなく自分もなんですね。
結婚して子どもができたり
仕事で忙しかったりして
ついつい相手の考えていることを置き去りにしてしまうと
夫婦問題が起きて
「夫が(妻が)何を考えているかわからない」ということになります。

ちなみに問題が起きると
皆さん相手のことを
「何を考えているかわからない」
そうおっしゃいます。
だから、そうならないように
知っておいたほうがよくないですか。
気づいておく必要があります。

相手の考えや気持ちを知るためによく聞くこと。
質問をしてみること。
それとともに「ありがとう」とか「おかえり」とか
「お疲れ様」とか「おはよう」とか「おやすみ」とか、
挨拶と言われる部類の日常会話も大切です。

当たり前すぎて挨拶もしない。
これはやはり人間関係を円滑にすることができません。
嫌なことがあった日でも
忙しかった日でも
たとえ夫婦喧嘩した日でも
挨拶をしておけば最悪な空気にはならないと思います。