夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【離婚のよいかたち】

離婚によい形なんてあるのだろうか・・・?
そんなことをつらつらとあるとき考えていました。

離婚はしない方がいいんだろうし、
子どもがいたりすれば影響もあるはずだし、
だいたい離婚というのは一方が言い出すことが圧倒的で
ふたり同時に「離婚しよう」となれば
「問題」にはならないわけで。

ただ、離婚のしかたはいろいろあるのだろうなとは思います。
一方的に別居、調停と進んだ場合、
ほんとうに精神的には苦痛を伴います。
気持ちの問題はおいてけぼりで法律的に
どんどん進められるというのは、ほんとうに焦るものです。

離婚に、もしもよいかたちがあるのだとしたら
「離婚しよう」と自分で決断をできたとき。
少なくとも自分で離婚という道を選んだとき。
仮に相手が「離婚したい」と言ったのだとしても
自分で「離婚」を選んだときは
それがいいタイミングだったということです。

もしも離婚を迫られている方がいるとしたら、
離婚は相手の同意なくてはできませんから
あなたの答え次第ということになります。
もちろん、離婚するしないだけでなく
気持ちの問題はあります。
ただ離婚という手続きに関していえば
キャスティングボードは自分にあると思っていていいんです。

ゆっくりじっくり考えて答えを出していけばいいし、
離婚したくなければ離婚しなければいいんですよ。
相手がなんといおうとも。

離婚は結婚の終焉ですが、
モノゴトの終わりは始まりですから。
そんなに心配しなくても大丈夫です。ほんとうに。

悩んで悩んで離婚を決めたというご相談者も
いらっしゃいますが、けっこうせいせいとしたと言います。
なんだ、こんなことな早く離婚してもよかったかなと。
でもそこまで悩んだからそんなふうに思えるんだと思います。

また、離婚を決めた途端モテはじめたという方も。
今までそんな視点を持たずにいたのが、
見る目が変わったときに別の世界が広がっていた――。
そんなこともあります。

自分で決める離婚。
これは確かにダメージが一番少ないという意味で
よいかたちといっていいのだと思います。