夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【見えない相手】
【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】

最も人気の高い記事

【見えない相手】
【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【浮気する人の気持ちって・・・!?】

浮気で悩んでいるご相談者を前にすると
よく「なんで浮気したんだろう」という言葉を聞きます。
浮気している夫や妻を前にすると
そう考えてしまうことがあると思います。
少しはココロあたりがあったとしても
たとえばセックスレスだったとか、
いつも一方的に頼っていたとか、
夫を妻をほとんどないがしろにしていたとか。

少しは「これかな」という思い当たる節が
あるとは思います。
でもほんとうのところ浮気をする心理というのは
していない側にはわからないものです。
むしろ、そこを考えても意味がない。

「浮気していること」を見た方がいいです。

「なぜ浮気したのか? 」と今起きている困った問題の
原因探しをしても、反省は出てきても
相手の心理がわかるわけではありません。
「私がいけなかった」と
今は反省しているときではないんですね。

困った問題が起きたときなんです。
どのようにこの先、浮気問題を乗り越えるかを
考えていかなければならないんですね。

浮気で一番多いのは同じ会社の人と
そして増えているのがSNSやソーシャルゲームなどの
ネットでといった傾向です。
なかには出会い系で積極的に浮気相手を求める
という理解に苦しむ勇気ある(?)既婚者人もいます。

たまたま何かのきっかけで、
相談をされていて、
部下から好意を寄せられて等々。
浮気が始まる出来事なんて
考えてみれば生活の中で地雷のようにあるわけです。
たくさんの人と出会ってたくさんの人とかかわって
でもそれがみんな男女関係になるわけではないですしね。

けっきょくはその一線を踏み出すか踏み出さないか。
その人の倫理とか育った環境とか道徳観とか夫婦関係とか
そんなものがいろいろからまって
その一歩が出るか出ないか、紙一重みたいもの。

だから「なぜ浮気をしたのか」と
後ろを見るよりも
「浮気しているからどうするか」と
前を見て考えるようにした方が
主体が自分に戻ってきます。

相手に起きた問題なわけではないんですよ。
相手は浮気を楽しいと思っているんですから。
「問題」だなんて思っていないはずです。
だから浮気をしているんですから。
なんとか長くこの楽しい生活を
続けたいと思っているかもしれません。
問題はこちらサイドの認識です。

まったく浮気している側としていない側では違う認識です。
夫婦にとってというよりは自分にとっての大問題。
パートナーの浮気。
そこをしっかりと見てください。
「何で浮気したのか」ではなく
「どうやって乗り越えるか」に
体力と気力を使ってください。