夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【不倫と恋愛の違い】

不倫を恋愛と勘違いしている人って
ほんとうに多いなと思います。
恋愛していて誰か別の人を好きになっても
不倫とは言いませんよね。
それは三角関係とか。

気分的にはわからないでもないです。
誰かを好きになりおつき合いがはじまって
プレゼントを贈ったり、デートをしたり
肉体関係ができて「好き」だとか「愛している」だとか。

不倫というのは一般的な言い方で
法律用語では不貞行為と言われます。
配偶者以外との肉体関係のことです。
婚姻の義務のひとつに貞操を守る義務
というのがあります。(貞操義務)
配偶者以外の人と肉体関係を持ってはならない、
ということです。

不貞をしている人は貞操義務違反。
だから、婚姻を破たんに導いた原因を作った側
有責配偶者と言われるのですね。
皆さんよくご存じのとおりです。
ちゃんと決められているんです。
不法行為ですからもちろんペナルティがあります。
駐車違反をしたら罰金があるように
不貞という不法行為をした側は
慰謝料を支払う義務があります。

恋愛中に別の異性と肉体関係を持ったとしても
それは三角関係で終わりです。
とくに何もペナルティはありません。
そこは大きく違うんですけれどね。

どうも気持ちのうえだけは恋愛気分になってしまうので、
不貞中でも恋とか愛とか、
そんな言葉に置き換えられてしまうようです。
なかには純愛? なんて・・・はぁ?
じつは不法行為です。
妻にバレるとか夫にバレるとかいう問題ではなく。
法律に違反している行為なんです。

それを愛とか恋とかといっしょにしてしまうのもねぇ。
いかがなものかと思います。
むしろ自制がきかないとか、
肉欲に溺れているとか、
そういう方がまだいいように思います。

あるご相談者は心の中に好きな人ができたといって
カウンセリングを受けられました。
相手がどう思っているかもわからない。
現段階、ただ淡い片思いです。
でも夫と別れようと思うということでした。
それからその恋を成就できるならしてみたい。
お子さんがいなかったり、夫婦のあいだでも
経済的なことなどいろいろこれまでもあったり、
単純に好きな人ができたから別れる、ではないのは
お話しを聞いていてよくわかりました。
だったら違う人生はじめてもいいよね、と思います。
それはまったく不法行為ではありませんのでね。
背中をドンと押したくなりました。

不倫と恋愛はいっしょにはできませんから、
妻である立場や夫である立場は
ある部分では固く法律が守ってくれています。
不貞している側がいろいろなことを言ったとしても
駐車違反の車が「駐車違反だと気づかなかった」とか
「標識が見えなかった」とか
「みんな駐車している」とか言っているのと同じと
思ってみてください。
「だって免許持っているんでしょう?
見えなかったじゃ済まないでしょう」って話しです。
少しはその意味がわかるのではないでしょうか。