夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【過去の言葉にしばられる、とらわれる】

結婚するときに「一生幸せにするから」
「幸せにしてね」
「大切にするから」等々。
ココロに残るひと言を言ったり言われたりしたはずです。

でもそんなの嘘だった!
わけじゃないんです。
そのときは本当にそう思った。
あなた自身だってほんとうにそう思って、
思ったことを言葉にしただけ、なはず。

今では幸せどころか、
この相手を選んだおかげで不幸になった
なんて思っていたりして!?

案外、自分の都合のいい過去の言葉に
とらわれていたりするんですね。
大切なのは「自分に都合のいい」
というところです。

人間不都合が出てくると
何事も都合のいいようにとったり考えたりします。
「不都合な真実」という映画がありましたが、
不都合なことは避けたいし見たくないし
できればなくしたい、のは人間の心理だと思います。
このままいったら温暖化で地球は崩壊なんていう、
見たくない未来、不都合な現在の真実だから見たくない。
でも映画になったので、たくさんの人が見ちゃった。
見ちゃった人は考えざるをえません。

「いっしょに子育てするって言ったのに」
けっきょく自分一人が子育て、とか。
「楽しい家庭を作りたい」と言ったのに
全然楽しくないじゃない、とか。
いろいろあると思います。

夫婦問題が起きていると
とくに過去に相手が言った言葉につまづいて
ずっとその言葉にとらわれていたりします。
つまり現在の状況は不都合な真実だったりします。

言葉は大切ですが、ずっと、永遠に
その言葉を守るかどうかというのは不確定な要素で、
その場では真実ですが、時間が経てば過去の発言に
過ぎなくなります。
だいたい永遠なんて言うからおかしなことに・・・。

公約と言って当選した議員ですら、
その公約を平気で、ではないのかもしれませんが
都合が悪くなると翻すのですから。

夫婦間で日常交わされる言葉に
あまりとらわれているのは賢明ではありません。
たぶんその言葉はあなたのココロに何か刺さったのか
響いたのか、したんだとは思います。
だけど、その言葉にとらわれて相手の現在を見ないと
いつまで経ってもその先へとは進んでいきません。

むしろ、そんなこと言ってたな~、でも今は違うんだな~、
ということ。
認めてしまったほうがいいと思います。
ああも言った、こうも言った。
そんな過去のことを言っていたって今という
現在進行形の問題の解決にはなりません。

「不都合な真実」だって、
過去から現在、化石燃料を消費し続けて
温暖化は進み続けていて、地球のあちこちで様々な
異変が起きて、近い将来地球はどうなるの?
このままいったら崩壊でしょ!
だから今、どうにかしなきゃ、という警告です。
今でしょ!
だから今を生きている私たちには不都合な真実だけど、
せめて今、見てどっちに行くか考えなければ
ということだと思います。
知ってしまうというのは将来を左右する大きいことです。

人の気持ちはコロコロ変わりますし、
時間が変化もさせます。
大切なのは過去よりも今、現在です。
わかっているはずだと思います。
でもなぜかいいことにせよ、悪いことにせよ、
過去の言葉にとらわれてしまうときがあります。