夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どもを生きずらくしたい? 片親疎外症候群】

幼い子どものいる夫婦の離婚というのは
離婚全体から見てもけっこうな数、割合になります。
日本は共同親権ではないので
親が勝手に離婚してしまうと
子どもの意思など反映されることなく
幼くして片方の親を失うことになります。

そのうえ、同居して監護している親が
もう一方の親のことを悪く言ったり
いない親のことを誹謗中傷すると
子どもは次第に洗脳されていきます。
親による洗脳虐待、片親疎外と呼ばれています。

親が離婚すると片方の親を失った喪失感が
子どものなかにはあります。
自分は捨てられたのではないかという不安。
自分が悪い子だから片方の親に
捨てられてしまったのではないかという自虐。
そして、監護している親に捨てられたら
もうほんとうにひとりぼっちという恐れ。
もしくは兄弟だけ・・・そんな不安がいっぱいです。

だから同居している親には当座逆らうことはできません。
唯一の命綱みたいなものです。
そんな弱みを握られたような状態から
親よって洗脳されていきます。
どんなにもう一方の親に会いたいと思っても
監護親が誹謗していると言葉にできなくなっていきます。

夫婦の離婚は醜いお互いの罪のなすり合い
みたいな面があります。
それは仕方ないこともあると思います。
円満に「じゃあね」とお互いが満足して
また、満足する条件で離婚できるなんてこと
まあ、ものすごく稀です。
だいたいがどちらも不満が残る
というのが本当のところ現実です。

子どもは親には離婚してほしくないと思っています。
でも離婚してしまったとしても
いっしょに暮らさなくなった親にも会えて
捨てられたわけではない。
両親は離婚したとしても大切に思ってくれていると
感じられることが
せめても離婚のダメージを減らせる一助です。

夫婦の葛藤は葛藤。
でも子どもは別。
そんなふうに考えられない親は
子どもから片親を遠ざけて洗脳虐待します。
結局、親の気持ちは晴れるかもしれませんが、
子どもの気持ちは病んでいきます。

洗脳虐待された子どもは
ずっと子どもで
いるわけではありません。
成長する過程で生きずらくなったり
さまざまな障害が生じたり
けっきょく同居しているい親とも
うまくいかなくなったりします。
片親疎外症候群とか
片親引き離し症候群
(Parental Alienation Syndrome、略称PAS)
などと呼ばれています。

ときどき「子どもさんにも相談してみてください」と
アドバイスすることがあります。
でも、それは子どもさんに愚痴を言ってください、
と言っているのはまったく違います。
子どもは子どもなりにきちんと親を見ています。

幼くても見る眼は正しく持っています。
親が自分に都合のいいことを言っていることは
子どもはしっかりと見抜いています。
子どもの方がモノゴトは正直に真っ直ぐに
とらえる力は持っていると確信しています。
大人がコントロールできるなんて、無理です。

子ども人格を尊重することが
将来を作る手助けになると思います。