夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【問題がおきたからわかる】

夫婦問題や離婚問題、別居問題などが起きると
スワッ! あのとき〇〇しておけば、
あのとき〇〇やっておけば。
なぜだか後ろ向きなことは考えられます。
反省しきりのときもあります。

でもそれだとあまり建設的ではないんですね。
問題が起きたら「これが10年後だったらもっときつかった」
そんなふうに考えた方がポジティブ。
前向き。
後ろ向きだと「10年前だったら私は別れていたのに」とか
「結婚していなかったのに」と思えちゃうんですね。

でも現実、問題は起きたのだったら
「10年早くてよかった」と考えられる方が
幸せな人生を送れると思いませんか?

そう考えていければ
「この問題が起きてわかったことがある」
「この問題を機に夫婦を改善しよう」
「この問題を乗り越えよう」
「この問題で自分を変えよう」

問題が起きたことは痛手ですし辛いことですが、
問題を前向きにとらえるとこういう思考になってきます。
たとえ困難な問題でもやる気が出てきます。
努力もできます。
人生、いつもいいなんてわけはないわけで、
しかも夫婦間のことを放置していたとしたら
ずっと仲良のよい夫婦でいられる、なんていう
こともないわけです。

問題は起こるべくして起きたわけです。
だから反省しても遅い・・・ということに。
というか反省だけでは無理。
仮に離婚という重い問題だとしても
気がつかないでいたら、
いつか起きていたんじゃないでしょうか。

問題が起きてわかることはたくさんあるし
むしろ起きたからわかる妻や夫の意外な一面というのも
たくさんあるはずです。
そして何より自分の今まで気づかなかった気持ちに
気がつく機会だと思います。
そんなふうに少し問題を違う角度で見られると
何か得るものが見えてきます。