夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【思考にやられる】
【見極めできない】
【ひとりでは幸せになれない】
【浮気したのは君のせい】
【元気? 】

最も人気の高い記事

【思考にやられる】
【見極めできない】
【ひとりでは幸せになれない】
【浮気したのは君のせい】
【元気? 】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【妻だってほめられたい】

最近ご相談で増えているなというのが、
家事育児が夫の方が得意というご夫婦です。
いつもイクメンになるには・・・的なことを書いていますが、
いよいよ時代も変わりつつあり、
妻が夫の家事育児についていけなくて悩む――と
いう時代も近し! になりつつあるのかもしれません。

それはそれである面、いいことだと思うのですが、
ご相談者にとっては悩みは深刻です。
家事や育児をやってもやっても
認めてもらえないのですから。
夫からはダメ出しばかりされる。
これではモチベーションは下がります。

これまでの家事や育児は多くは妻の仕事だとしても
自分のやりたいようにできたわけですし、
今までは言ってみれば夫には口出しされない領域でした。
でもイクメンや独身時代が長くて
自分のことは自分でできるという
男性も増えています。
育児の知識も豊富で積極的に育児をやりたいという夫。
食事を作っても妻よりも上手な夫。

そうなってくると妻の家事が気に入らない。
ついつい口出ししたくなる。
評価してくれなくても女性は家事育児を
優先順位でいうと上のほうに位置して片づけることができます。
でも、評価どころかダメ出しだと、
自分のためというよりは家族のためなので
まあ~やる気は一気に失せるかもしれません。

ある妻は「家庭では全く評価されなかった。
仕事をしている方がよほど認めてもらえた」と
おっしゃっていました。
もちろんビジネスではいかんなく能力を発揮しています。
二重にダメージなんですね。
どこかで「女なのに」という感覚で責められているような
気持ちになるんだと思います。

家事や育児というのは得意不得意があります。
どんなに頑張ってもなかなか上手にならない。
上手になるのは時間がものすごくかかるという人は
男女にかかわらずいます。

イクメンに夫を育てるのが
妻のやり方にかかっているのだとしたら、
今後、家事育児が苦手な妻を
上手な主婦になれるように
育てて応援するのは
夫の役目なのかもしれませんね。

ダメでしょ!? ばかりでは子どもも妻も育ちません。
もしも上手になってもらいたいと思うなら、
どう言ったら、どうアプローチしたら
やる気が起きるか? そのスイッチはどこにあるのか?
(どこかのCMみたいですね)
まずは見つけてみることではないでしょうか。