夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【価値観の違いはあるのが夫婦】

価値観の違いや生活習慣の違いは
好きな相手であっても違うのは当然で
結婚生活のなかで、そこをどうすり合わせていくか?
というのは永遠といったら少し大げさかもしれませんが、
大きな命題です。

むしろ、そのために夫婦をやっている。
続けているといってもいいかな、なんて思うことも多いです。
価値観が違うから、
習慣が違うから、
やっぱり夫婦でいるのは無理なのかしら?
そんなふうに思ったら、いくらでも夫婦を続けていくのが
難しい理由は見つかります。

それを乗り越えていくためには
合わせてほしい――という思いだとなかなか越えられない。
合わせられるところはないか――と探していくのが
大切ではないのかなと考えています。

自分と同じ価値観の人なんて
そうはいないものだし、
合っている人がいたとしてもそんな心地いいものかな、
とも思います。

他人と暮らすというのは
そもそも夫婦くらいのものなので、
価値観が合っているような
友達がいたとしても
いっしょに暮らすわけではないので、
合っていると思っている
だけなのかもしれないなとも。

夫婦の価値観が違うと感じたら
どこかで自分の価値観を疑ってみます。
多くの場合で相手の価値観を疑うことから
はじめてしまうと思うのですが、
そもそも価値観などというあやふやなものは
どれが正しいということはないし、
ひとつであるわけがないのですから。

子育てて父親と母親の価値観が違うことは
問題ではないか? というようなご相談があります。
お父さんとお母さんが違うことを言っていることを見るのは
子どもにとってはいい勉強ではないでしょうか。
まったく同じ価値観、ひとつ価値観のなかで
育つ方が恐ろしい。

お父さんはこう言っているけれど、
おかあさんは別の意見を言っている。
そうやって違う意見があることを知るのも大切ですし、
世の中に出ていったら、それこそもっと多くの価値観が
存在するわけです。
いろんな意見があるものだ、ということを
幼いことから知っておけば
それだけ適応ができるようになります。

それがひとつの価値観しか知らなければ
自分以外の価値観は「おかしい」と判断することになるし
別の価値を受け入れていくことがとても大変です。
だから私は父親と母親の意見の違いは
大いにけっこうなことではないか、と思っています。

夫婦もそうですが、何事も柔軟性があった方が
生きやすいということではないでしょうか。
そうやって夫婦間で違う価値観で悩んだり
困ったりするから、結果、結婚生活において
他人と折り合っていくことを知る機会に
なっているのかな、とも思います。