夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【信頼できるかできないか? 】

だいたいが夫婦問題や離婚問題は
一方にとっては突然起きてきます。
そのときに相手を信用できなくなる状況に陥ります。
いきなり別居とか
いきなり調停とか。

あまりにいきなりなことで
何が起きたかすらもわからないような気になり
相手の何もかもが信用できなくなります。

相手の方はというと、
その前に相手が変わらないであろうという信用が
失墜しています。
だから離婚、とか、別居といった
行動に出ています。

夫婦問題はお互いの信用がお互いになくなっているところに
ひとつ、根っこがあります。
信用を失うようなことが起きているんですね。
長年培ったはずの信用が裏切られていたり
信用できない状況に置かれてしまっている。

あるご相談者は、もう一度だけ信用してみよう
ということで問題を乗り切りました。
その根拠は「こちらが嫌いと思ったら絶対に好かれない」
という思いを思い出し、
もう一度だけ妻を信用してみようと思ったそうです。
10年間一緒に暮らし、
一度は一生を共にしようと思った相手、
もう一度だけ信じてみよう――。
だったそうです。

裏切られた状況では、ある意味の英断ですが、
その結果問題を乗り越えました。
そういうこともあるんですね。
お互いの性格や状況は個別にあるとは思います。
ただ、ときには今起きている事態では
信用はできないかもしれないけれど、
長い人生のスパンで考えたときに
自分の選択を信用するということでもあります。
相手を選んだ自分を信用するとでも言いましょうか。

片方が信用すればもう一方も
その信頼に応えてくれることはないわけではないです。
信用しなければずっとお互いに腹の探り合い
みたいなことになり、どんどん信用はなくなっていきます。

むやみにお互いの
対立関係を険しくしていかない。
それで解決できることもあるのかもしれない、
もちろんケースにもよりますが、
ひとつ信頼を取り戻せれば
再び信頼というのは
戻ってくることもあるんですね。
どちらが先に信用するのか?
なのかもしれません。

ドロドロにならないためには
そんなことももしかしたら何かの突破口になるのかな。
信頼できない状況のなかで
何か小さなひとつでもいいので、
信頼できるかもしれないことを見つけて行く。

問題の最中でひとつの光の見つけ方なのかもしれません。