夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【妻の激怒】

ときどき、妻が激怒していて・・・というご相談があります。
今日もそんな相談がありました。
何かのときにスイッチを入れてしまい、
(入れたのは確実に夫です)
妻の逆鱗に触れる――。
手も足も出ない。

理由はいろいろなんですが、
一度スイッチが入った妻の激怒はなかなか恐ろしいようで、
どうしたら、その怒りをおさめてくれるのか
まったくわからなくなってしまうようです。

しもそのスイッチがよくわからない。
男性側からすると、なんでそんなに?
というような理由だったりするので、
チンプンカンプン。

楽しそうなのが許せないとか、
LINEをしていたのが許せないとか、
元カノの写真をとっておいたのが許せないとか、
自分だけ自由で許せないとか。
いろいろなんですが、
妻は妻なりに理由はあるものです。

怒りが激しければ激しいほど、
愛されていると思ってみてください。
難しいかもしれませんが( ̄_ ̄ i)
愛情の裏返しだと。
それまで信頼されていたという証だと
思ってみてください。

そう思うと激怒する妻も愛おしくなったりはしないでしょうか。
妻の性格にもよりますが、
堪忍袋の緒が切れたとか、
浮気が発覚したとか、いった理由が
見当たらなく、夫側にしてみたら
なんでこんなことでキレるのだ?
と思うようなことで激怒しているのだとしたら、
ざっくりと、ですが、愛情の裏返しと
思った方が楽に生きられます。

怒るときというのはプライドを傷つけられたときや
裏切られたときですが、
裏切られたときにはいろいろあって、
自分が情けなくなって激怒するなんてこともあります。
それは「こんな男を信用していたのか」といった
思いがあります。
それが誤解であっても。

妻が激怒しているとき、
ただただひたすら謝る。
申し訳なかった。
そんなに傷つけて悪かった。
愛している。
大切に思っている。
ごめんなさい。

ひたすら謝罪し続けることをおすすめします。
妻が「もういい」というまで
謝り続けてみてください。
途中で男のプライドとか、夫婦ってとか、
いろいろ考えず、ただただ謝る、だけです。
これで許してもらった人、何人もいますので、
ぜひおすすめ。