夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【問題は山積み】

先日、DNA鑑定で父子関係はないことが明らかになっても
親子関係は取り消せない、という法律上のひとつの判断が
最高裁で下されました。

夫婦問題というのは事情がケースごとに違うし、
行きさつや経緯もそれぞれなので、
どのケースにも当てはまるか、というとどうなのかな、
という気はしますが、
今の法律に照らし合わせて
一定の判断なのだと思います。

現実にDNA鑑定が簡単にできるようになることは
想定されていない時代の法律がそのまま現実に
そぐわなくなっても運用されている、ということはあります。
親権争いも母性優先できたものの
今やイクメンも増えて、社会がそれを後押ししているにも
かかわらず、離婚となると母親であるというだけで
有利になってしまうのなども
時代にそぐわなくなっています。

何が子の福祉か、ということも今や少しずつ
ズレてきいてるように感じます。
子どもの権利はどこにあるのか、ということも多いですし、
何をもって子の福祉というのか、ということも
不確かな気がします。
足元が揺らいでいますね。
日本の家庭の足元が揺らいでいるのだと思います。

いっそ、出産時にはDNA鑑定を義務付けにしては
なんて思ってしまいます(^o^;)
(困る人が増えるのかなぁ)
後々もめるて子どもに影響が及ぶよりいいように思います。
離婚問題が持ち上がっている男性からの
鑑定は急増中といいますし、
何気なく勉強のつもりで受けた鑑定で
親子に非ず、という判定が出て問題に気づくと
いうこともありますしね。

DNA鑑定が必要な場合以外受けられないような倫理上の
約束が必要なのかもしれないし、
または全員鑑定ということの方が
むしろスッキリするのかもしれないし。
いずれにせよ、科学技術に現実や
倫理が追いついていかないのですね。
でもそれでいいのだろうか? と疑問にも思います。

まあ~、国を外国から守ることばっかりに意識が行っていたり
選挙のことばっかりだったり、
号泣したりセクハラ発言が話題になる人たちが
議員だから仕方ないか・・・と
諦めの気持が色濃くなってしまいます。
暮らしなんてどうでもいいのかもね・・・
未来を担う子どもたちなんてお金バラまいときましょうで
いいと思っているのかもね。
そうこうするうち誰も結婚しない、子どもも産まなくなって、
国民がいなくなる・・・・なんてね!