夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ココロの問題が体調を乱す】

すごく暑い1日でしたね。
まさに猛暑。
頑張って乗り切っていきましょう。

こう暑いと、体調が心配になってきてしまいます。
余計なお世話様なのかもしれないのですが、
夫婦問題があると眠れなかったり、
過呼吸になったり、いろいろ不調が出てきます。

ぜひ、そんなときは深呼吸をしてください。
できれば腹式で。
いろいろストレスやネガティブな感情にとらわれてしまうと
以前から何度も書いているように自律神経が乱れてきます。
交感神経=緊張状態
副交感神経=リラックス
簡単に言うとそういう関係なんですが、
交感神経ばかりが優位になっていきます。

そうなると、呼吸がとても浅い状態になります。
ドキドキしたり、緊張するとなりますよね。
あんな状態がずっと続いているわけです。
夫婦に溝ができたり、喧嘩が激しくなると
この先どうなるのだろうか?
といった不安から、心配ごと、
自分ではどうにもならないのではないか、
そんな気持が押し寄せてきます。

自律神経は自分の意思では動かすことができません。
でも自分のからだを使うことで
自律神経を整えることができます。
そのひとつが深呼吸です。
浅い呼吸では吸っても吸っても酸素の換気ができず、
結果、絶対的に酸素が足りなくなり
低酸素の状態になります。
低酸素の状態になると手がしびれたりします。
末梢まで酸素が届いていない状態です。

原因は自分の気持です。
ストレスやネガティブな感情を
抱えている自分の気持、ココロがそのような状態を
引き起こしているんですね。
そこで、気持を落ち着けてリラックスできる状態に
持っていくには深呼吸が大事になってきます。
リラックスできれば副交感神経が
だんだん働くようになってくるので
バランスが整ってきて乱れた自律神経が元に戻ってきます。

落ち着いてモノゴトを考えられる人は
けっして浅い呼吸ではなく、
深い呼吸ができています。
ヨガは呼吸と連動して動くのですが、
最終的には呼吸でからだをコントロールしていきます。
また、私の敬愛しているストレッチの先生も
まずは呼吸から、といつもおっしゃっています。
酸素がきちんと供給されるようになると
ぼんやりとした思考がはっきりとしてくるのも
脳に酸素がきちんと届けられるためです。

体調がよくない。
なんだか頭がぼんやりとしている。
そんなときは自律神経が乱れているので、
ぜひとも深呼吸をしっかりと意識してしてみてください。
気持も整ってきます。