夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【詭弁に惑わない】

よく浮気をした側が浮気が発覚すると
「浮気以前からやっていかれないと思っていた」
「浮気がなくてもうまくはいっていなかった」
「浮気が原因ではない」等々。

つまり不貞する以前から夫婦は崩壊、
もしくはうまくはいっていなかった。
そんなふうに言います。

だけど、ここで間違えないでもらいたいな、と思うのですが、
うまくいっていない=浮気をしていい
ではないですよね。
そんなことはどこにも書いていないですし
法律にもそんな理屈はありません。

こういうの詭弁といいます。

その詭弁のうえに浮気相手とのやりとりで
「妻(夫)とはうまくはいっていない
いずれ別れるつもりだ」
なんていうのを見てしまったりすると
さらに追い打ちかけられて、悪いことをしていない側が
がっくりとしてしまいます。

「妻(夫)とはうまくいっていない」とか
「愛情もない」とか言うのは
不貞の常套句。
実に多くの人が使う言葉です。
実際には夫婦にとくに問題がなくても使います。
冷や汗ものの嘘を言うわけですが、
なぜかその言葉を信じているのは
結婚相手である妻もしくは夫と
不貞相手です。
言っている本人は嘘だとわかっていると思います。

または嘘ではなかったとしても「うまくいっていない」と
言っているだけで「離婚する」と
言っているわけではないんですね。
そういう意味では嘘ではないのかもしれません。
なかには「妻(夫)と離婚はするつもりはない」と堂々と
言い放って浮気に及ぶという人もいますけれどね。
少数派です。

だいたい夫婦が何年か経って、
相手に不服もなく、円満で幸せで・・・というのは
いったいどのくらいいるのやら。
3組に1組が離婚して、その予備軍を加えたらどれほどの
夫婦が現在、実際に問題を抱えていて、
さらに問題に至る前の夫婦の数といったら・・・
というか、パーフェクトに円満な夫婦なんて
周りを見てもそういるでしょうか。

でもやっていけるのはなんとかお互いに調整しつつ、
歩み寄ろうとするからではないでしょうか。

浮気をして、バレてしまって、
どこにも逃げ場がなくなったときに、
「もともとうまくいっていなかった」
「浮気が原因ではない」
なんていう詭弁が出てくるので、
あまり心配はいりません。

「だから? 」と言って
「だから浮気したの? 」と聞いてみてください。

そして発覚したときには
「もうすぐ自分から言うつもりだった」と
言うのも常套句です。
もうすぐって・・・もしかしたら1年先だったかもしれないし
5年先だったかもしれません。
その頃まで浮気が続いていれば、ですが。

最近、不貞している妻を持つ夫のご相談が多いです。
ドラマで不倫妻を描いた「昼顔」が人気のせいでしょうか。
いよいよ、妻の浮気も表面に浮上してきたのかな・・・、
などと思っています。