夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【君のせいではない】

子どものいる夫婦の場合、夫婦問題や離婚問題では
いろいろと子どもへの影響を考えないわけには
いかなと思います。

子どもはどんなふうに親の問題を考えているか?
というと
幼い子どもの場合は
「自分のせいでお父さんとお母さんは喧嘩をしている」と
考えてしまうことがあります。

幼い子の場合は関係ないことを
結果と結びつけて考えるので
自分がいい子でないからお父さんとお母さんは
喧嘩をしているのだ、と考えてしまうのですね。

まったく関係性などなくても。
いろんなことを、そなんふうに結びつけて考えます。

遠足の日に雨が降ると
自分がいい子じゃなかったから雨が降ったのだ
と考えてしまう。

ですので、「君のせいではないよ」と
いうことを伝えてあげることは
大事なことです。

お父さんとお母さんが喧嘩をしても
それは君が悪いわけじゃないんだよ、と
いうことをちゃんと言葉で伝えてあげるといいです。
子どもといえどもわかります。
ちゃんとわかります。

「いい子」という言葉は少々やっかいなのではないか、
と最近思うことがありました。

孫が買い物に行って
大好きな恐竜のおもちゃを買ってほしいというので、
いつも何か買ってほしいというときは
「じゃあ買ってあげるので、ちゃんといい子にしようね」と
私もお母さんも「ついで」のように言うことが多いので
あるとき
「そうだね、いつもいい子だから買おうね」と
言ってみました。

そうしたら、3歳の孫のうれしそうな納得顔。
ああ、そうちゃんと認めて欲しかったのではないか・・・。

次からは何かほしいときは
「僕はいつもいい子だよ」
とちゃんとアピールしてきます。

ちゃーんと聞いているんだな、大人の言葉の
ほんの些細な言い方の違い、というのを
実感しました。

「いい子にするなら○○ね」
という条件つきはよくないな~、とつくづく思った次第です。
むしろ「いつもいい子だよね」と
いいところをちゃんと評価してあげた方が
きっと本人だって気持がいいに違いない。
だって自分自身が同じ言い方をされたら、
きっと後者の方がモチベーション的には上がります。

子どもはちゃんとわかっています。
そしていい子にしよう、いい子でいようと
気持ではとても思っているのですね。
でもできないときもあるし、いい子=いい人って何かを
今、現在進行形で学んでいるのですよね。

なので、できないことや失敗はたくさんあります。
だってそれが子どもだから。

だから、幼い子どもはお父さんとお母さんが
喧嘩ばかりしているのは自分のせいだ。
自分がいい子でないからだ・・・と思ってしまうのでは
ないのだろうか・・・。
子どもってとても健気、そして大人が思っているよりも
いろいろなことを察知する能力にとても長けています。
だからこそ、ちゃんと説明してあげることが大事だな
と思います。
そして理解する力ももっているものだと。

お父さんとお母さんが仲良くできていないとしても
それは君のせいじゃないんだよ、ということ。
ちゃんと伝えてあげて欲しい――。
そう願っています。