夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【面会は誰のため】

子どものいる夫婦の場合、
離婚問題が起きて一番気になるのは
やっぱり子どものことではないかと思います。

別居中だったりすると
「離婚が成立するまで会わせない」という親。
「離婚が成立するまで会えない」という親。
いろいろです。
いずれにしても離婚したい側は
子どもを夫婦問題の
ひとつのテーマにしがちです。

つまり離婚したいから子どもに会わせない。
または
離婚したいから子どもとは会わない。
でも面会とか親と会うことというのは
親の権利ではなく、子どもの権利です。
子どもには親と会う権利があるのです。

養育親が会わせたいと言っても会いたがらない親も
いますし、その逆に
養育親が会わせたくないということも。

ずるいですよね。
子どものことをそうやって夫婦問題に巻き込んでしまう。
ひどいケースでは調停の場では
「会いたい」なんてポーズで言っておきながら
本心はさらさら会う気などない、なんて人もいます。
現実そういう人は別居中の婚姻費用で揉めたりします。
まあ法律の整備がされていない問題もあるとは
思いますけれど。

両親に不和が起きていて
それだけでも子どものココロは多少なりとも
揺れたり乱れたりしているはずです。
親子であってもそこは子どもに
迷惑をかけてしまっているわけですから、
せめて真摯にと思うのですが、
そんなことは思いつかない人は思いつかないみたい。
何とか自分の望みを達成したい――
ということらしいです。
そのためにはたとえ子どもが
何かの犠牲になっても厭わず。
そんなふうに見えます。

でも夫婦の問題と子どもの親であることは
まったく別の問題なのにな・・・と思います。
子どもの気持は親の気持とイコールではないのにな。

確かに夫婦はうまくいかないかもしれない。
離婚も辞さずなのかもしれない。
だとしても、子どもに会う会わないは
別じゃないか・・・。
会えないのは
会えない理由があるはず。
会わせないには
会わせない理由があるはず。
残念な親です。