夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

最も人気の高い記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【むしろ何もわかっていなかった】

夫や妻のすべてをわかっている。
そう思っているとけっこう間違いが起きます。

むしろ夫や妻の一部だけと付き合っていると
思っているといいかもしれません。
対人関係はほんとうはだいたいが
そうなんですけれど、
なせだか、夫婦のあいだでは
そうした幅がなくなるので、
わかっているような気持になっています。
問題が起きると一気に
それが誤解だったことがわかります。

むしろ何もわかっていなかった。
離婚したカップルは
わかっていなかったから離婚に至ります。

よく浮気調査をすると
まったく知らなかった意外な一面というのが
発覚します。
今まで聞いたこともないような
想像もつかないようなことが
相手に起きている。
しかも望んで行動している。
いったい何を知っていたのだろうと愕然とします。

あくまで自分が知っているのは夫や妻の
一部だということを忘れないでいると
見えない、知らなかった部分があったとしても
それほどショックにはなりません。
せいぜい「知らなかった・・・」程度で済みます。

わかっていると思うのが誤解なのですね。
むしろ一部と付き合っているという感覚が
大事だなあと思います。

一部と付き合っているのですが、
そのなかでもいいところと付き合っていく。
そうすればお互いに気持のよい関係が築けます。
いいところを引き出せる関係
といってもいいのかもしれません。

お互いに嫌なところばかりを見せ合っていると
ほんとうにどうしようもない関係になってしまいます。
支配し合うなんていうのはとくにそうです。
人はずっと支配されるなんて、ないと思っています。

いいところを引き出し合って
いい関係を築いていく。
出会ってよかったと思える関係です。
そのためには悪いところを引き合いに出すのではなく
いいところにスポットを当てていくことも
必要かなと思っています。

よく何か問題が起きた場合、
人格すべてが「ダメな人」のように見えたり、
思えたりしするものですが、
ほんとうにそうなのか?
いいところはないのか?
確かに問題の種類はあるかもしれませんが、
修復したいと望んでいるなら
問題=すべてがダメな人
とはとらえないほうがいいのではないでしょうか。

必ずいいところもあるはずです。
そこをもっと引き出していかれれば、
修復可能なことは多いと思っています。