夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【失敗は痛いだけ? 】

夫婦というのは何も問題がないときは
いてもいなくてもいいような存在に思えたり、
大事にしなくっちゃ、とも思えない関係だったりします。
無意識というか。

が、問題が起きてみて、初めてその存在に
気づくようなところがあります。
あらためて、というべきでしょうか。

そして、今までの存在の薄さが嘘のように
必要不可欠のように思えてきます。
だいたいは慌てるということになります。
離したくない存在に思えるのですね。

それとともに、今まで存在を意識しなかったのが、
経済的に必要だということを再認識したり、
家庭を回していくために必要な存在だと思えたり、
あらためて、いかに自分の人生にとって
かかわりが深い人か、ということが見えてきます。

起きないほうがいい
夫婦の問題ではありますが、
そうしたことを再認識する
という意味においては
問題を糧にすることができます。

そこに気づかなければ、
ずっと気づかないままだったかもしれないし、
もっと先に問題が起きていたら、
取り返しがつかないほどの距離が
できていたかもしれないから。

そう思って今ある問題を肯定的にとらえてみることも
ときにはいいのではないかと思っています。
モノゴトには必ずいい面と悪い面があるので、
苦しい夫婦問題ではありますが、
起きたからにはいい面もしっかりと見据えてみる。
そこからは学ぶべきものもたくさんあります。
きっと。

私は転んでもただでは起きないという言葉が好きです。
誰だって転ぶし、転びたくなくても転びます。
確かに痛い思いもしますし、
ときには傷だってできるかもしれない。
でも転んだときにどうやって起き上がっていくか。
そこで何かをつかんで起き上がっていけば、
転んでよかったと思えることもあります。
失敗から学ぶほど大きな学習はないといいますから。

成功してモノゴトがうまくいっているときは
人は次の失敗に向かっているのかもしれないのです。
そして、うまくいっていることからは学ぶというよりは
成功体験の積み重ねが大事。
大きく何かを学ぶのは失敗したときだと思っています。

失敗したときに人は大きく成長するのだと
信じているのですけれど。