夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【親心】

夫婦問題が起きたとき親の存在というのは
「心配をかけたくない」という人。
「親にあいだに入ってもらいたい」という人。
「親にはなかなか言えない」という人。
ほかにもいろいろです。

ここのところ親との関係のお話しを聞くことが多く、
親子でもいろいろなのだな、と思います。

女性は母親にいろいろと話すことで
ストレス解消していたりもするので、
わりあい話もしやすいようです。
男性は、夫婦問題が起きて
親にどのように伝えようかと逡巡する方も多いです。
親に話ができてホッと安堵するという人も。
心配をかけたくない、という気持ちなのかな・・・。
話してみたら親はなんとなく察していたという人も。

親の立場で言うと、親というのはいくつになっても
子どものことは気になります。
夫婦問題が起きたら心配はするでしょうが、
解決できるわけではないのはわかっています。
かといって「自分たちの問題だから」と
割り切れるものでもない。

なかには「自分で解決を」と言われるケースもありますが、
多くの親は心配はするけれど、見守るよという
スタンスが多いのだと思います。
そして、わが子の選んだ道を応援する。
親との選択肢とは違うのかもしれないですが、
あなたの選んだ道を応援する、ということです。

だから子どもの立場で思うほど、
親というのは心配したり
悲しんだり、悔やんだりは
しないのかな、と思います。
それだけ人生を歩いている時間を
経ているので、
夫婦問題は起きるよ、
ということがわかるのでは
ないでしょうか。
あくまで背後から支える・・・
そんな親ごさんはとても心強いです。

よろしくないな・・・と思うのは
関わり過ぎの場合です。
夫婦問題にどっぷり親が当事者のように
前面に出て首を突っ込んでしまうようなとき。
これはやっかいです。
話しはどんどん大きくなり、
修復できるものもできなくなったりします。
どうにもにっちもさっちも親のおかげでいかない・・・
なんていうこともあるにはあります。

実家依存症の場合などはまさにこのタイプで
もう夫婦だけの問題では止まらなくなります。

親は当事者以上に冷静でいるのが
大事じゃないか、子どもの立場は
そう望んでいるのではないか、と思います。