夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【未来図の変更】

お子さんのいる夫婦に問題が起きたとき
多くの方は「子どものために」
「子どもがいるから」といった、気持になると思います。

確かに子どものためというのは大きな意味を持ちます。
「子どものために我慢しよう」と思うものです。
そのときに、ほんとうに「子どものため」だけだとしたら
子どもは成長していくものですし、
いずれは離れていきます。

どこかに私は相手に対してのいろいろなものを
取り除いたときに思い、みたいなものがないと
そのまま夫婦を継続していくのは
難しいのではないかと思います。

子どもの身になっても冷え冷えとしてしまった
もしくは憎しみ合ったままの
夫婦のあいだで育つことよりも
別の親子の関係があってもいいのではないか、とも。

子どものためというのは誰しも思うことですし、
当然なのですが、自分の人生を生きるというのは
大事なことだと思います。

そのためにできることはどんなことか?
と考えていくと、おのずとできることは
見えてくるのではないでしょうか。

夫婦問題が起きたときは、動かないわけにはいきません。
動かないでいると、そのままずっと辛い状況を
受け入れていかなければならなくなります。
考えることでほんとうに何か答えが出るのなら
考えるのはいいことだと思います。
でも考えても答えの出ないことってあるんですね。

夫婦問題は人生の未来図の
変更ということです。
未来図を嫌でも変更せざるをえません。
それはいつも悪い方向ばかりかというと
そんなことはなくて、意外な、
自分では思ってもいなかった未来への
変更でもあります。

その一歩が出るか出ないかなのだと思っています。