夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【浮気の先にあるもの】

夫の浮気で悩んでいるご相談者たちのココロは
とてもゆらゆらと揺れて、
夫の些細な言葉で傷ついたり、
先を見たら「ほんとうにこのまま夫婦をやっていかれるのか」と
暗闇に思えたりします。

浮気をする側というのは、
自分のした行為が相手をどのくらい傷つけているのか、
ということに対して、思い至らない。
ことが多いです。
浮気をしている夫や妻を持つ相談者の話を
うかがっていると、ほんとうに苦しい胸の内が
伝わってきます。
しかも自分がしたことではなく、相手のしたことによって
もたらされた苦しみです。

反省したのだから。
浮気は止めたのだから。
浮気は浮気で家庭を壊すつもりではなかったし等々。

家庭を壊すつもりではなくても
壊れていきます。
自分では壊すつもりではなくても
壊れていきます。
そのことに気づいていない。

そこから修復していかれるかどうかは
夫婦ふたりにかかっています。
ほんとうに傷をぬぐうことができなければ
やはり離婚という選択肢が視野に入ってくるんでしょうし
何年か経て、その傷に気づくかもしれません。

人は変わっていくものですからね。
今は修復したいと強く願っていても
何年か経ればその気持だって変わってくるかもしれません。
わかりません。

不貞は離婚事由ですから
法律的にも夫婦が壊れる原因になりうる
と認めているということです。

今は夫婦は長く付き合わなければならないので
相当な時間があります。
浮気問題が起きたときは、
本気で「この人と一生やっていかれるか」と
考えてみる。
そのうえで修復を試みていくのがいいと思います。

浮気という事実は、その先にあるのは
離婚か修復かふたつにひとつです。

ある方は一度の浮気、それも短い時間の夫の浮気でしたが
ポンと離婚という答えを出しました。
「絶対に許せない」からでした。
むしろ、それまで仲がよく問題もなかったのに
一方で浮気をするという夫の行為、
信頼の失墜が激しかったように私は感じました。
それはそれで長い人生の選択としては
あらためて仕切り直すという意味では
いいのではないかと思います。
もちろん夫はうなだれていたようです。

壊れないと思っていた夫婦は壊れてしまった。
失われないと思っていた家族は失われてしまった。
思惑だけではどうにもなりません。
事実の重さは人によってそれぞれではありますが
事実がふたつのうちのどたらかの未来へと
導いていきます。