夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【行き違いに気づく】

なんだか、春近しと思っていたらめちゃくちゃ寒いです。
春はまだなのだろうか・・・。

夫婦問題が起きたとき、
それまで見えていなかった夫婦の行き違いが
明らかになります。
それまでプラスだったと思っていた夫婦が
いきなりマイナスになります。

そこで再び、プラスにしようとするのは
どう考えても無理なのではないかな、と思います。

でも思考はそうなりがちです。

実際に行き違いが見えてきたとしても、
その行き違いを埋められるかどうかは、
頭ではなくて、すべて行動にかかってきます。
できるかできないか。
まずは一歩を出せるか出せないか。
出せないといつまでも続きます。行き違いが。

ですので、プラスにする以前の問題として
自分ができるかできないか、が問われます。
自分はできないけれど、相手が変わってくれたら
というのでは行き違いは埋められないのですね。

まずは自分が気付いたのなら埋めようとしないと。
それをせずして相手に埋めてほしい。
相手がルール違反をしたのだから、
そこを埋めるのはあたりまえではないか、と
思っているあいだは行き違いは埋められないことが多いです。

どのような夫婦問題でもそうだと思います。
なぜなら夫婦というのは相手がいて初めて夫婦だから。
相手と自分がいて初めて成り立つものだからです。
ですので、まずは行き違いに気づけたことを喜んでほしい。
そして次はそれをどうしたら埋められるのか、
自分の問題として考えてみてほしい。
そして行動にしてほしい。
そう思っています。

行動に移せないのはないとイコールです。