夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どもからのSOS】

夫婦というのはいろいろなことが
いろいろなものが複数に絡み合っている関係なので、
愛情だけで結びついているわけではありません。

ただ、根底には愛情があり、その上にいろいろなことが
乗っているといったイメージです。

根底の愛情がないのに、
その上にのっているものだけで
続けていかれるものではないです。
グラグラと常に揺れることになります。

その逆に愛情だけでもうまくはいかない。
恋愛だったら愛情だけで結びついていられるのかも
しれないのですが、愛情の上には経済とか
家族としての関係とか、価値観とか、仕事とか
さまざまなものが乗っていて初めて成り立ちます。

愛情はあるのだけれど、たとえば家事能力が
お互いにゼロだったとしたら、
それはそれで生活が成り立たないのですね。

いろいろと違う異質なものが複雑に絡んでいます。
だから難しいし、うまくいかなくなると
いろんなところに影響を及ぼしてきます。

私がいつも気になるのは子どものことで
子どもたちは親の夫婦問題に
嫌でも巻き込まれている存在です。
今日は夫婦でもめることが続いてるお子さんの絵が
真っ黒になっていた、というご相談者がいらっしゃいました。

子どもははっきりとは言葉では表現できなかったり、
できても我慢してしまったり、
自分の本音を親の前で言うのはなかなか
ハードルが高いことです。

自分が子どもの頃を思い出すとわかるのですが、
親に自分のほんとうの気持ちというのは、
そうそうは言っていなかったように思います。
ましてや夫婦が喧嘩続きだったりして、
それが嫌だとか、不安だとか、親が思っている以上に
遠慮があるものではないでしょうか。

そこで幼い胸を痛めて何か体調の不調として出たり
絵が変わったり、成績が下がってきたり、
友達と喧嘩が増えたりといった
何かの変化として現れてきます。
でも親は自分の問題で頭がいっぱいだったりすると
それもなかなか気づいてあげられなかったりします。

夫婦問題は問題なのですが、
少し、子どもの方に注意深く
視線を運ばせてみてください。
子どもたちから何かの
小さいかもしれないけれど
SOSが出ているかもしれません。