夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【信頼はどこで失うかわからない】

裏切りが許せない・・・というのが
いろいろな場面で夫婦問題が起きると出てきます。
よくあるご相談が浮気問題ですが、
裏切られていたかと思うと許せない。
そんな気持ちがフツフツとわいてきます。

または借金とか、嘘をついていたとか、
浮気だけでなく、さまざまな問題で
裏切られた感というのが出てくることが
夫婦にはあります。

裏切られたという方は
その裏切りに苦しむことになります。
それはやはり信頼の喪失ということになるわけですが、
一瞬にして、ひとつの出来事にして信頼というのは
なくなってしまうことがあります。
人間というのは、そこは怖いところです。
しかもその喪失は個人個人で違うところに
ボーダーラインがあるようです。

受け手の性格というのも大きく影響していて、
どんなにひどい裏切られ方をしても
信じたいという人もいますし、
(ただしそういう場合は信頼は
すでに喪失しているのかもしれません)
たった一度の裏切りでも
二度と失った信頼は戻らない、と
離婚を決意する人もいます。

これはほんとうに組み合わせ次第で、
信頼を失っても夫婦がどうなるかはわからないです。
よく多くの場合は? と聞かれることもあるのですが、
ほとんど一般的に、というのは通用しない。
個々に違います。
たった一度であっても夫婦のあいだで
信頼が失われたときには、もうダメになってしまう。
そんな人もいますし、そうでない人もいます。

妻や夫がどこを大切にしているのか、は
知っていたほうがいいと思います。
自分のルールで「このくらいは」と
思うのは危険です。

夫婦というのはふたりで成り立つ関係ですから、
自分はよくても相手がどう思っているか、が大切です。
「このくらいは」という目測がはずれたときは
夫婦問題に発展します。
だからほんとうは、常に相手がどう思うか?
ということを意識している必要があります。