夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【問題に気づく】

夫婦問題というのは、ある日突然のように
起きるということがありますが、
じつはその前に噴火の予兆みたいなことはあります。

会話がなくなったり成り立たなくなったり、
などというのはわかりやすい前兆です。
やはり、人間何か不満があったり、
納得できないことがあったりすると
コミュニケーションが極端に減っていきます。
そういうものではないでしょうか。

コミュニケーションはつくづく難しいものだな、
と思いますが、夫婦がうまくやっていくためには
必ず必要なものです。

コミュニケーションがうまくいかなくなっていれば
必ず夫婦問題が起きるといってもいいのだと思います。
コミュニケーションがうまくいっていないことに
気付いていない、となると
それはそれで問題ではありますけれど。
とくに夫婦の場合、毎日のなかで気づかない
ということは起きるかもしれません。

でもね、やっぱり夫や妻に対しては、
注意を払う気持ちがないと
コミュニケーションもそうですが、
心の変化や浮気や悩みや
いろいろなことに気付かないままに
なってしまいます。

とくに夫婦問題にまでなっているとき、
一方にとっては問題だけれど、
もう一方にとっては問題があることにも気づかなかった
なんていうことがあります。

問題の中身に関してはいろいろありますが、
問題として感じている側からの相談。
問題が起きてあわてている側からの相談。
両方を受けていると、こうしてすれ違いは起きるのだろうな
ということがありありとわかります。

一方は離婚したほうがいいのか、
ぐらいに悩んでいる問題だとして認識している。
ある日突然、夫婦問題が起きた側としては
問題があることにすら気づかないできて
表面化した問題になってみて、あわて出す。

そんな食い違いが起きます。
やはり夫婦は相手に対して注意を払う。
もしくは気を配る。
そんなことは最低限度のルールなのではないだろうか
と思っています。

自分のやりたいことをするための夫婦ではない、
ということですね。
自己実現のためなら
ひとりで十分です。
ふたりでいる意味というのがあるはずだと思うんです。