夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【感情で言ってしまうと・・・】

男性はヒステリックだったり、
感情的だったりすることがおおむね苦手です。

一方女性は、ヒステリックというと女性の専売特許のような
印象があるくらい、感情に左右されてしまいます。
それが男性である夫にとっては
よくわからない・・・ということにつながります。
わかってほしいのに、よくわからない・・・。

話の本質にたどり着く前に
またか・・・ということに。

ギャー! と言われるのが好きな人はいないでしょうけれど、
日常的にギャー! とヒステリックに言われているのは
ほとほと男性は困っています。
「話にならない」と思っています。
高じていくと話をしなくなりますし、
話も聞かなくなります。
嫌になっちゃうんでしょうね。

わかってほしくて伝えたいことがあるなら
ヒステリックに言うのは
何もいいことはないです。
何も伝わらないと
思っていたほうがいいです。
聞く以前の問題に
なってしまうのだと思います。

あるご相談者は夫に伝えたいことがあるとき、
いったんは自分の感情をクールダウンさせて、
冷静になったときに伝えるようにしていました。
もちろん言いたことをこらえるのは大変な様子でした。

でもひと呼吸置くことで、「感情的」からは解放されます。
感情でモノを言っても
その感情的なことだけが残ってしまうので、
言いたいことがうまくは伝わらないのですね。

ひと呼吸置くと、ほんとうに自分を
コントロールすることができます。
呼吸にはそういう作用というか、働きというか、
もともと人に備わった機能なのでしょう。

呼吸をコントロールすると感情もコントロールできる。
感情的なときは未休が浅く早くなっていますが、
深くゆっくりと呼吸をすれば
ココロが落ち着いてきます。
呼吸をコントロールできればココロもコントロールできます。
ほんとうです。