夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【言い過ぎた】

夫婦喧嘩の際に出た言葉にとらわれてしまうことが
ないでしょうか?
「もう離婚だ」とか
「もう出ていく」とか
「価値観が違いすぎる」とか
「最初から合わなかった」とか。
いろいろあります。

喧嘩のときというのは、
本心を言うというよりも言葉に盛り付けをして
言ってしまっているはずです。
ですので、そんなには本気にならずとも大丈夫。

とはいえ、その言葉が
刺さったままになってしまうということがあります。
だから怖いです。
放たれた言葉は、受けた側がどうとるか、です。
本心ではなかったとしても
受けた側にとっては言葉が突き刺さってしまい、
ずっとその言葉が残ってしまうということがあります。

「出て行け」と言い続けた夫は、
本心から言っていたわけではないのですが、
とうとう妻はほんとうに出て行ってしまいました。
そのとき、その夫はまさかまさか妻が出て行くとは思っておらず、
あっけにとられるというか、
言葉を失うというというか、
まさかの出来事だったそうです。

夫にしてみたら喧嘩のついでに
言った言葉のつもりが、
妻は本気に受け取っていた、
ということです。
夫婦喧嘩には
そんなすれ違いが起きる
要素がいっぱいあります。
だから夫婦喧嘩をするにしてもほどほどと
言いすぎには気を付けて、と思います。

そうしないと、瓢箪から駒ということになります。
「もう離婚ね」と喧嘩の際に言った妻が、
後々夫から「やっぱり離婚しよう」と言われることは
ほんとうによくあります。

喧嘩だから、といくらなんでも
言ってはいけない言葉。
言い過ぎる言葉。
空いてを傷つける言葉。
盛り付けすぎた本心から遠い言葉は禁物です。

言葉というのは見えないものなので、
ほんとうにどうとられているかわからない
そんな怖さがあります。