夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【親以上にわかっているかも】

今日は入社したての新入社員らしき人たちを
たくさん町で見かけました。
みんなピカピカのスーツを着て笑顔。
フレッシュだな~、と思って
こちらまでうれしい気持ちになりました。
新しい生活が始まる。
子どもたちが入学を迎える。
そんな方も多いかもしれません。
ピカピカの1年生・・・まさにそんな言葉がぴったりです。

夫婦問題が起きても子どもは入園や入学。
そんなときは、少し寂しいものです。
夫婦問題が起きて子どもに心配をかけているのではないか。
と気にしている親の立場はつらいものがあります。
子どもはほんとうのことを言えない。
言わないときもありますし、本心がわからない。

配慮が果たしていいのか悪いのか。
でも多くの場合で親が思っている以上に気付いているし、
わかっていると思っていたほうがよいのかな、と思います。
子どもは第6感みたいなものがありますし、
鋭い感性を持っているので、
わかるのだと思います。

親が子どもを見る目線より、
子どもが親を見る目線のほうが数倍量的に多い、というか。

1歳4か月の孫はまだ言葉は「まんま」とか
「いらない」とか簡単なものしか発しませんが、
こちらの言おうとしていることは
発する言葉以上にわかっているようです。
大人は発する言葉と理解力が一致していますが、
子どもはそこに差があります。
だから≒理解していないか、というと
そんなことはないのだな、とよく思います。

むしろ斟酌して気持ちや
感情を察知するのは
大人以上なような気がします。
こちらが怒っているとか、
悲しんでいるとか、
よくよくわかっているのですね。

だから夫婦問題が起きて、
親がとても悩んでいたり、苦しい思いをしていたりすることは
知っているのじゃないでしょうか。
親は一生懸命悟られないようにしていたりするのですが、
あんがい、その努力は無駄なことだったり。

でも仕方ないことだと思います。
家族なのでいっしょに暮していて、
空気のような感じで過ごしているわけですから。
親が思う以上に子どもは心配してくれている。
と思ってみてください。

仕方がないです。
ときには素直に子供に話してみるのも
悪いことではないかもしれないです。
ちゃんとした意見を言ってくれると思います。
ときには大人よりも立派な意見を言ってくれることもあります。

少なくとも、それでも一生懸命に生きている姿を
見せることしか究極できないような気がしています。
それが親のできることなのではないかと思います。