夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【自分を責めても】

箱根大丈夫かな・・・とつい心配になります。
実家から、そう遠くはないので、
よく遊びに行っていました。
ほんとうにいろんなことが予測外に起きるのだなぁ、
とつくづく思ったりします。
本来、モノゴトはそういうものなのだと思います。

夫婦問題も同じで、予想していないで起きる。
それが夫婦問題です。
ただ、一方にとってはずっと潜伏していた
といってもいいのだと思います。

それがある出来事をきっかけに問題化して
表面化します。
ただ、表面化するまでには
必ず時間がかかっているはずで
一方からしたら「ある日突然」なのですが、
おそらく、そこに至るまでには
かなり長い時間が
かかっているのだと思います。

そこに気付かなかったということなのだと思います。
仕方ないです。
だから問題なのですから。
わかっていたら問題にはならないのかも
しれないのですから。
起きたことは、仕方ないのです。

よく「私がいけなかった」「僕がいけなかった」と
反省の言葉を聞くことがあります。
それは悪いことではないと思いますし、
反省は必要なときがありますが、
過度に反省しても、それがいいかというと
そういうわけでもありません。

それで落ち込んでしまっては、
まずはそこから立ち直ることが大変になってしまいます。
多少は落ち込むことがあるかとは思います。

夫婦というのはどちらか一方が一方的に悪い
なんていうことはほとんどないので、
何かが入れ違ってしまったかタイミングがズレてしまった。
そういうことなのであって、悪いか悪くないかと
いうことだけでは計れないところがあります。

だからあまり自分を責めないでほしいです。
反省は必要ですが、責めたところで、ですし、
それほどまでに悪いのか、といったら
そんなことはないのですから。

相手の放った言葉に翻弄されるないように、と思います。