夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【嘘のチリ積も】
【違う方向を見ていた】
【イラッとする】
【傷つけるつもりなどないけど・・・】
【家事はお任せする】

最も人気の高い記事

【嘘のチリ積も】
【違う方向を見ていた】
【イラッとする】
【傷つけるつもりなどないけど・・・】
【家事はお任せする】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【現実を知る】

錦織選手残念でした~。
マレー、強いなぁ・・・。
壁、ですね。

夫婦も壁というか、何かどうしてもわからない。
その人との壁みたいなものがあります。
いくら一心同体だと思って結婚したとしても、
結婚生活を送るあいだに壁のような、
越えられない線なのか壁なのか感じることがあります。

当然なのだと思います。
むしろ、そうでないことのないほうが少ない。
高齢になって壁ができてしまうこともあります。

ずっと夫婦のあいだに何かわだかまりを持ち続けたまま
そのまま夫婦を継続してきたとき、
高齢になって突如とした感じで壁が立ちはだかります。

高齢になってしまうと
自分が変わっていくことすら難しくなります。
もちろん相手も同じです。
長年固定された関係から脱却できないので、
それがとても重荷で苦しくなってきます。

だからわだかまりは
まだ元気なうちに解消しておくほうがいいです。
何かを我慢していたり、無理をしていたりは
できないことが多くなっています。
それと見て見ぬふりもできないです。

見て見ぬふりは、ないと≒ではないので、
あるけれど、ないことにしておこう、ということ。
これは無理です。
よく夫や妻が浮気をしているかもしれないけれど
知るのが怖い・・・と。
でも知らないことには、何もできないし、
何が起きるかもわからないし、手当もできないのです。

自分では何もないことにしても、
起きてしまうこともあるのです。
だから知るということは
大事なことだと思っています。
現実を知ること。
たとえば見たくない、知りたくない現実でも。
知らない、というのはただの時間延ばしなのではないか、
と思います。

気持はね、わかりますけれど。
それだと問題解決は始まらないのでは
ないかなぁと思います。