夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【嫁と姑】
【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】

最も人気の高い記事

【嫁と姑】
【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【堂々巡り】

夫婦問題が起きて、
夫婦がしっくりいかない。
何を考えているのかわからない。
となったとき、自分自身も迷子のような状態になります。

どこを目指せばいいのかがさっぱりわからない。
自分がどこにいるのかもわからない。

そういうときは、考えてもあまりいい答えは
見つからないことが多いと思います。
情報は大切かもしれないですが、
情報過多になって、
結局その情報に振り回されてしまったり、
起きてもいないことを危惧したり、
そういうことが心労になっていきます。

むしろ問題よりも、
そうやって問題を大きくしていってしまいます。
心労が重なるとストレスですから、
けっきょくいろんなことがうまくいかなく感じたり、
さらにストレスを増大させてしまいます。

そんなときは問題は問題として置いておき、
一旦は離れてしまうことです。
問題から。
いずれ解決はできるわけで、
今答えを見つけなくても大丈夫です。

確かに夫婦問題はある。
答えを出したいかもしれない。
でも出ないことってあるんです。
ずっとその問題と向き合っていても
何も解決にはならないし、
答えも見当たらない。

しばらく向き合ったら、
少し離れてみます。
そうすると違うことが見えてきたり、
違う考えが浮かんできたりします。
そのときの方がチャンスなのかもしれないです。

言ってみれば緊張状態から解かれるとか、
そういうことになるのかもしれませんが、
解かれてみることは大事です。
よく相談者と話していて、ずっとその問題にどっぷりと浸かり、
疲れきってしまっている状態。

それでは右も左も動けないし、
何もよい考えが浮かんでもこない。
つまり身動きができない状態に陥ってしまいます。
それは何より本人が苦しいだろうな、と思います。
なにかの突破口を見つけるためには、
ぐるぐる同じところを回っていても見つからない
ことが多いのではないかな、と思います。

まずはそのストレスをどうにかする。
それはストレッサーを
取り除くということではなく、
自分を自分で手当てしてあげる
ことだと思うんです。