夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【信頼の積木】

夫婦が仲良くやっていくためには
何が一番必要なのだろうか・・・・と。
いろいろ必要なものがありそうです。
が、信頼はその頂点に来てもいいもののひとつです。

愛情というのもありますが、
その対として信頼が深まっていくかなくなっていくかで
夫婦の将来は変わっていきます。

時間を減るごとに信頼が深まっていく夫婦は
あうんの呼吸に近づいていくのかもしれません。
夫婦は時間を経て作られていくものですが、
ひとつひとつ時を経て相手への信頼感が
増していく夫婦は年を経てなおますます
寄り添えるのだと思います。
信頼が強くなっていくのですから。

高齢で仲良く寄り添っているご夫婦は
そんなふうに時間をたっぷりとかけて
信頼感を育んでいったのだろうと思います。

一方で問題が起きてしまっている夫婦を見ると
相手への信頼がどんどん目減りしています。
メモリがどんどんと時とともに減っていく感じです。
ひとつ・・・またひとつと信頼を失うことになります。
性格の不一致や夫婦喧嘩が絶えないようなケースでは
そのように感じます。

また、もともと信頼できない行動を一方がしていたとしたら
いつかそれが一気に信頼を失う、
という出来事になってきます。
浮気が発覚するとか、借金していたのがわかるとか、
嘘ばかりついていたことが発覚するとか
ある突然という感じかもしれませんが、
一気に信頼のメモリはゼロかマイナスになります。

信頼がないと夫婦を続けていくのは困難です。
一番身近な信頼をおける人が配偶者なはずで、
その人に信頼をおけなくなると
どう頑張っても夫婦を保つことは難しくなってきます。
自分を騙せなくなってくるからです。

親や兄弟というのは血でつながっているので
それでも信頼を失うようなことはありますが、
多くの場合で絶対的な信頼が根底にあります。
自分を傷つけない――という。
もちろん親子関係がうまくいかない、
ということもときには起きることもありますけれど。

夫婦はそういう絶対的な信頼
というのが本来はないので、
ひとつずつ信頼を
積み上げていくしかないのです。
その積木を積み上げられないと
夫婦の継続は難しくなります。