夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【マイナスよりプラス】

いよいよ、梅雨入りですねぇ。
しばらくのあいだ、お天気が気になる時期です。

夫婦はどうしても加点というよりは減点で
相手を見てしまいがちです。
これだとうまくいくこともうまくいかなくなります。

〇〇してくれなかった。
〇〇してほしかった。
〇〇できてない。
そんなふうに否定的、減点できるところばかりを見てしまう。
そうするとどんどん相手の持っている魅力は
見えなくなっていくし、
最終的には魅力なんてなくなります。
「なんでこの人と結婚したんだろう」ということに。

根本にはコミュニケーションの仕方があるのだと思います。
加点でモノを言える人は最終的には
巡り巡って得るものが多いです。
営業トークではありません。
営業トークはあくまで営業なので、
実とは別物です。

実際に加点でモノを言えるということは
加点でモノゴトを考えられるということだと思います。
つまりその人のなかにプラスのものが増えていく。
妻や夫だったら妻や夫のプラスの面が
少なくとも見えている。
どっちを見ていくかは、好き好きというか、
思考回路というか、その人の見方しだい。

とくに夫婦問題があったり、
ぎくしゃくとしてなんだか
しっくりといかなかったり、
修復したいと思うときは、
プラス面を考えていくことで、
突破できるところが
見えてくるのではないか、と思います。

マイナス面を見ていくと、突破口どころか
何も見えないし暗澹たる気持ちになって
修復も半ばでリタイアしたくなります。

とくにコミュニケーションでいうと
プラス面を言葉にしていくことで
いいスパイラルに回っていきます。
それも1回や2回では無理な話です。
当分のあいだプラスの言葉をちゃんと言ってみると
きっと変化が起きてくるはずです。

逆にマイナスの言葉ばかりを言っていたら、
夫婦の関係は悪化の一途です。

そんなことわかっていますよね。
だけどなぜかできないのです。
現実問題。
できないから夫婦がうまくいかなくなります。